音楽つれづれ日記

ありとあらゆる音楽が好きな人。特にジャズが好き。たまにキツい毒をはいたりしますが根はいい奴です。

劇伴

Incidental Music Vol.78

基本的にドラマはあまり見ない人間なんですが、 2年前に放送された「アンナチュラル」はちょこっと見ました。 もともと医療系ドラマは好物でしたし、 「救命病棟24時」や「医龍」などの医療系ドラマは、 いざ見始めるとずっと見てしまってましたね。 アンナ…

新たなる

※このブログを読まれる前に 今回のブログ、「新たなる」ですが、大仰なタイトルをつけてはいますけど、 内容はPS4用ソフト「新サクラ大戦」のネタバレ感想みたいな感じです。 なので、ゲームに興味のない方、 あるいは、ゲームに興味はあるが「新サクラ大戦…

Incidental Music Vol.77

今年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」、毎週楽しみに見てます。 放映前にひと悶着ありましたけど(笑) 今回「麒麟がくる」の音楽を担当しているのがジョン・グラムさんです。 お名前は以前から存じ上げていましたが、 どちらかというと作曲よりも編曲の分野で…

Summer

1999年にひとつの映画が公開されました。 北野武監督の「菊次郎の夏」です。 もともと映画自体よく見るんですが、 北野武監督の作品もほとんど全部見ています。 一部ではかなり不評なことも承知しているんですが、 監督の独特の映像や色彩、あるいは会話の間…

Incidental Music Vol.76

新年を迎えて六日目。 御屠蘇気分も抜けて、今日から仕事始めという方も多いのではないでしょうか。 なんていう、全く心のこもっていない挨拶から始めるのは、 ひねくれものの私にとってはかなり面映ゆいものなんです。いや、ほんとに。 型通りのことを型通…

Incidental Music Vol.75

平日のお昼にフジテレビ系列で放送されていた、 通称「昼ドラ」の音楽をよく聞いていました。 サントラなどが発売されなくて、ドラマを見ることでしか音楽が堪能できず、 主題歌あるいは主題曲が発売されることもかなりまれでした。 1989年に放送された「華…

Incidental Music Vol.74

「マチネの終わりに」の映画を見に行ったのは、 別の映画を見に行ったとき予告編で気になったからです。 主演が福山雅治さんと石田ゆり子さんってのも面白そうだなって思ったし、 実は原作も以前読んでいたので、どんなもんかと思ってみました。 まあ、原作…

Incidental Music Vol.73

以前、Bloggerでずっと書いていたブログを、現在お引越し作業中なんです。 Bloggerって特殊なブログ形式になっていて、 そのままブログを移行するのは結構骨が折れるんですけど、 写真のリンクとかまだ全然手が付けられない状態になっておりまして。 まあ、…

Incidental Music Vol.72

土日の夕方にアニメをたくさんやっていた時代というのがありました。 時代を経て、アニメ=深夜枠というのがやや定着した感もありますが、 それでも、子供を対象にしたアニメなども継続して製作されており、 なんにしても「最近、アニメ多すぎだろ」と思う今…

Incidental Music Vol.71

イギリス映画「フル・モンティ」は好きな映画の一つです。 ただ、私の周りでは評価は賛否両論みたいです。 映画にしろ演劇にしろ、 エンタテインメントというものには賛否がつきまとうものですけどね。 のちにミュージカル化もされているようですけど見たこ…

Incidental Music Vol.70

ミュージカル「回転木馬(Carousel)」は、「サウンドオブミュージック」など数多くの作品を手掛けた、オスカーハマースタイン2世とリチャード・ロジャースによって作られたミュージカルです。 サッカーファンだと「You'll never walk alone」が有名ですよね…

Incidental Music Vol.69

フジテレビ系列で1997年に放送されていたドラマ、 「それが答えだ!」の音楽がとても好きでした。 主演は三上博史さん。 世界的なマエストロだったけれど、いろいろと難がある性格が災いし、 演奏をボイコットされるところから物語は始まります。 そして、ひ…

Incidental Music Vol.68

その昔、テレビ朝日系で放送されていた、 テレビドラマ「TRICK(トリック)」というのがありました。 シュールな演出とセリフ回し、あるいはユーモアのある展開など、 当時、人気を博したドラマの一つでした。 劇場版も複数回製作されたことからもその人気が…

Incidental Music Vol.67

その昔。 今から20年以上前になります。 当時、アメリカ留学真っ只中だった私は、 1つの作品を友人に頼まれて作成することになりました。 「QUINTET!QUINTET!」と題されたその作品は、 エニックス社(現スクウェア・エニックス)が販売を手掛けていた、 開…

Incidental Music Vol.66 (の続きのつづき)

hw480401.hatenablog.com この続きです。 「大草原の小さな家ブッシュベイビー」ですが、 主題歌についてはいろいろといわくがございます。 信憑性のある情報がないので、私も確かなことは言えないのですが、 これまでの世界名作劇場では、 「主題歌は最後ま…

Incidental Music Vol.66 (の続き)

hw480401.hatenablog.com 前回お送りした特集が、 ことのほかアクセス数が多かったようでして、 やっぱりアニメとかゲームのネタを放り込むと数伸びるんだなぁ、 と嬉しいような悲しいような気分になりましたが(笑) まあ、それはともかく、前回の続きです…

Incidental Music Vol.66

日曜日の夜、フジテレビ系で放送されていた「世界名作劇場」。 昔は、カルピスやハウス食品が単独スポンサーをしていて、 その企業名が冠されていたこともありました。 このブログでも過去に世界名作劇場について触れているんですけど、 語りたくなったので…

Incidental Music Vol.65

結婚式にかかる音楽というと、 古いものだとワグナーやメンデルスゾーンの結婚行進曲あたりが定番でした。 ワグナーのは歌劇「ローエングリン」の中の1曲ですね。 メンデルスゾーンの曲は、 「パパパパーン♪」というトランペットのソロから始まる1曲です。 …

Incidental Music Vol.64

いわゆる特撮ものの映画が大好きでした。 「ゴジラ」や「モスラ」などリアルタイムでは見られない世代でしたけど、 その後映像化されたものを片端から見るくらいに好きでした。 特に「ガメラ」シリーズはずっと好きで、 第一作「大怪獣ガメラ」からの昭和ガ…

Incidental Music Vol.63

パリに来ておよそ一週間が経ちました。 疲労困憊です・・・ 私の近況などは、また改めてこの場で書くことにして。 今日、5/27は記念日が重なりました。 1つは私のTwitterアカウントが2周年を迎えたのだそうです。 (作っては消して、を繰り返してすでに3アカ…

Incidental Music Vol.62

今日からフランスに行きます。 もう少ししたら搭乗する予定ですが、 向こうにいる間も、ブログはなるだけ更新したいと考えてます。 さて。 映画「スペースバンパイア」を見たのは確か、 テレビ朝日系列で放送していた「日曜洋画劇場」が最初だったと思います…

Incidental Music Vol.61

1974年に公開された映画「ノストラダムスの大予言」。 私が映画本編を見たのはずっとずっと後のことなのですが、 この映画のサウンドトラックは結構早い段階で聞いていたんです。 なぜいま74年の映画の音楽の話をしているのか。 それはつい先日、このサント…

フランスへ

3月末に予定していたフランス行きが諸般の事情により取りやめとなり、 ようやく今月末におよそ1週間の予定でいくことになりました。 すでに私のお仕事は3月の時点で終わっていたのですが、 せっかく2ヵ月の猶予を頂きましたので、 連休中に編曲のブラッ…

Incidental Music Vol.60

昨晩Eテレで放送された「クラシック音楽館」。 私も時間のある時は必ず見るようにしている番組です。 昨日はロスアンゼルスフィルハーモニー管弦楽団による、 ジョン・ウィリアムズの映画音楽の演奏が行われました。 指揮を担当したのは、今や世界的な活躍を…

Incidental Music Vol.59

ようやく昨日から連休です。 明日から実家である神戸に帰省する予定。 で、昨日、WOWOWを見てたら、 アニメ監督の高畑勲さんの特集をやっていました。 「赤毛のアン」のテレビ版総集編の映画と、 「じゃりン子チエ」の映画を放送していたんです。 よくよく考…

Incidental Music Vol.58

映像音楽に造詣が深い、と自分でいうのはアレですけど(笑)、 物心つく前からそうした音楽を聞きまくっていました。 アニメやゲームのサントラなどは最近あまり買わなくなっちゃいましたけど、 映画音楽や舞台音楽、あるいはテレビ番組の音楽など、 映像に…

Out There

今朝、ニュースでフランスのノートルダム大聖堂火災の一報がありました。 その時にふと思い浮かべたのが「僕の願い(Out There)」でした。 ディズニー映画やミュージカルで知られる「ノートルダムの鐘」という作品があり、 物語の主人公であるカジモドが朗…

Incidental Music Vol.57

映画「セッション」を最初に見たときの衝撃は今も忘れられません。 良い映画だった否か、という感想は評価の分かれるところだと思いますが、 少なくとも音楽映画としては完成度は高かったと私は思っています。 ちなみに、映画の原題は「WHIPLASH」(鞭うち)…

Incidental Music Vol.56

hw480401.hatenablog.com 先週紹介した「新サクラ大戦」の主題歌、 「檄!帝国華撃団~新章~」をここしばらく聞いています。 すでにSNSなどでもこの楽曲の分析などが進んでいるようで、 いろいろな憶測や希望めいたものを垣間見ることが出来ましたが、 何は…

Incidental Music Vol.55

sakura-taisen.com 2019年3月30日、31日におこなわれたセガフェスというイベントで、 待望のタイトル「新サクラ大戦」の発表が行われました。 PVとか新しい主題歌とか、PS4で今年の冬に発売とか、 いろいろな新情報があってうれしくなりました。 ゲームメー…