音楽つれづれ日記

音楽好き、飽き性、そして中庸思考。

劇伴

Incidental Music Vol.86

ラジオ「JET STREAM」を昔よく聞いていました。 私が高校生のころ、 まだ初代パーソナリティの城達也さんが登場し、 おなじみの「ミスター・ロンリー」が流れます。 「Mr. Lonely」といえば、ボビー・ヴィントン(Bobby Vinton)の代表曲です。 今から半世紀…

星をあつめて

今日、東京のとある映画館に行ってきました。 7月にも観に行ってるんですけど、 それの再上映版として、かなりリテイクされた完全版が公開されました。 hw480401.hatenablog.com 再上映版ではないほうの感想はこちらのブログを参照ください。 そして、今回の…

夏の戦い

意味深なタイトルをつけてしまいましたが、 その意味はこのブログを読み進めていくうちにわかると思います。 このブログでもたびたび登場している、 私の古くからの親友で、 「世界一ピアノが上手いジャズピアニスト」の彼から連絡がありました。 日本も米国…

Incidental Music Vol.85

今日、とあるスマホでやるゲームの発表会があって、 その音楽のお話でも書こうかと思ったんですけど、 この「劇伴紹介シリーズ」はまだまだネタがてんこ盛りで、 しばらくは困らないと思うので、別の機会に書きます(笑) 「Ally McBeal」という海外ドラマが…

The Universe Within

およそ2年位前にこんなブログを書きました。 hw480401.hatenablog.com 私の音楽成分の何割かは久石譲さんの音楽で占められています。 あとは、ジャズとクラシックと劇伴、その他なんですけど(笑) 前述の2年前のブログで紹介したのは、 「人体II 脳と心」と…

1988年のおもひで

今日はテレビで「となりのトトロ」が放送されます。 もう何度目かわかりませんけど、都度見てしまうのはなぜなんでしょうね。 となりのトトロは1988年公開の映画です。 今から32年前のお話です。 私は公開当時、映画館で観ました。 「火垂るの墓」との同時上…

Incidental Music Vol.84

強烈な音楽体験というのが数多く存在します。 私の場合には、映像音楽などでそれが顕著なんですが、 1972年に公開されたベルナルド・ベルトルッチ監督の「Last Tango in Paris」は、 大人になってから友人の勧めで鑑賞し、度肝を抜かれたんですね。 Last Tan…

Incidental Music Vol.83

3年半ほど前にこちらのブログを書いたんです。 hw480401.hatenablog.com そこそこ反響がありました。 CSで絶賛放送されている「ゲームセンターCX」で、 よく流れているジングル(短い効果音的な使い方をする音楽のこと)、 「あれ、どっかで聞いたことあるん…

Incidental Music 特別編

ネットニュースを見ていたら、訃報が飛び込んできました。 映画音楽の巨匠であるエンニオ・モリコーネが亡くなったそうです。 このニュースを見てから、いまだに現実感が伴わないんですけど、 一時期、劇伴作曲家を目指していた時期もあって、 彼の作品はほ…

Incidental Music Vol.82

作曲家の千住明さんのアルバム、よく聞くんです。 5年前に発売された、氏の30周年を記念して発売されたアルバム、 「メインテーマ」はベストアルバムっぽい内容になっていて、 これまでに軌跡を1枚で楽しめるお買い得なアルバムになってます。 メインテーマ …

トム・ソーヤーの冒険

題名、何にしようか考えましたが、 私が最初にこの方のお名前を知った作品であることもあって、 これにしてみました。 ずっと「トム・ソーヤ」と思ってたんですけど、 公式だと「トム・ソーヤー」なんですね。 マーク・トウェインの原作は大好きで何度も読ん…

ドラクエの日(一日遅れ)

1986年5月27日。 今から34年前の昨日、ドラゴンクエストが発売されました。 大好きなRPGシリーズの一つでもあり、 今でも続編や派生作品が作られ続けている国産RPGです。 ファミコンを子供の頃にお小遣いをためて買った私にとって、 マリオとゼルダとドラゴ…

Incidental Music Vol.81

先ほど特別定額給付金の入金が確認されました。 いろいろと思うところはありますが、 単純に銀行の残高が増えるのは気持ちいいもんです。 そんなどうでもよい話はおいといて。 以前にも紹介したアメリカの歌手で作曲家のランディ・ニューマン。 「トイストー…

あつ森アナリーゼ 後編

hw480401.hatenablog.com 先日、こんな記事を書きました。 あつまれどうぶつの森のタイトル曲について、 楽曲分析(みたいなこと)をやっています。 こちらは後編となりますので、前編をご覧の上でお読みいただけると幸いです。 今回はコード進行のお話をし…

Incidental Music Vol.80

世間では自粛、Stay Homeということで、 自宅で仕事、自宅待機などでずっと家にいらっしゃる方も多いと思います。 かくいう私は在宅勤務がしにくい職業なので、 どうしても平日は通勤しなければならないわけですが、 休日(土日祝)は家でまったりとすること…

Incidental Music Vol.79

作曲家の和田薫さんといえば、 今の人だとアニメの劇伴の人という印象が強いんでしょうか。 「犬夜叉」や「アイアンリーガー」「金田一少年の事件簿」など、 数多くのアニメ音楽を手掛けられています。 また、ゲーム音楽のオーケストレーションなどもされて…

Incidental Music Vol.78

基本的にドラマはあまり見ない人間なんですが、 2年前に放送された「アンナチュラル」はちょこっと見ました。 もともと医療系ドラマは好物でしたし、 「救命病棟24時」や「医龍」などの医療系ドラマは、 いざ見始めるとずっと見てしまってましたね。 アンナ…

新たなる

※このブログを読まれる前に 今回のブログ、「新たなる」ですが、大仰なタイトルをつけてはいますけど、 内容はPS4用ソフト「新サクラ大戦」のネタバレ感想みたいな感じです。 なので、ゲームに興味のない方、 あるいは、ゲームに興味はあるが「新サクラ大戦…

Incidental Music Vol.77

今年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」、毎週楽しみに見てます。 放映前にひと悶着ありましたけど(笑) 今回「麒麟がくる」の音楽を担当しているのがジョン・グラムさんです。 お名前は以前から存じ上げていましたが、 どちらかというと作曲よりも編曲の分野で…

Summer

1999年にひとつの映画が公開されました。 北野武監督の「菊次郎の夏」です。 もともと映画自体よく見るんですが、 北野武監督の作品もほとんど全部見ています。 一部ではかなり不評なことも承知しているんですが、 監督の独特の映像や色彩、あるいは会話の間…

Incidental Music Vol.76

新年を迎えて六日目。 御屠蘇気分も抜けて、今日から仕事始めという方も多いのではないでしょうか。 なんていう、全く心のこもっていない挨拶から始めるのは、 ひねくれものの私にとってはかなり面映ゆいものなんです。いや、ほんとに。 型通りのことを型通…

Incidental Music Vol.75

平日のお昼にフジテレビ系列で放送されていた、 通称「昼ドラ」の音楽をよく聞いていました。 サントラなどが発売されなくて、ドラマを見ることでしか音楽が堪能できず、 主題歌あるいは主題曲が発売されることもかなりまれでした。 1989年に放送された「華…

Incidental Music Vol.74

「マチネの終わりに」の映画を見に行ったのは、 別の映画を見に行ったとき予告編で気になったからです。 主演が福山雅治さんと石田ゆり子さんってのも面白そうだなって思ったし、 実は原作も以前読んでいたので、どんなもんかと思ってみました。 まあ、原作…

Incidental Music Vol.73

以前、Bloggerでずっと書いていたブログを、現在お引越し作業中なんです。 Bloggerって特殊なブログ形式になっていて、 そのままブログを移行するのは結構骨が折れるんですけど、 写真のリンクとかまだ全然手が付けられない状態になっておりまして。 まあ、…

Incidental Music Vol.72

土日の夕方にアニメをたくさんやっていた時代というのがありました。 時代を経て、アニメ=深夜枠というのがやや定着した感もありますが、 それでも、子供を対象にしたアニメなども継続して製作されており、 なんにしても「最近、アニメ多すぎだろ」と思う今…

Incidental Music Vol.71

イギリス映画「フル・モンティ」は好きな映画の一つです。 ただ、私の周りでは評価は賛否両論みたいです。 映画にしろ演劇にしろ、 エンタテインメントというものには賛否がつきまとうものですけどね。 のちにミュージカル化もされているようですけど見たこ…

Incidental Music Vol.70

ミュージカル「回転木馬(Carousel)」は、「サウンドオブミュージック」など数多くの作品を手掛けた、オスカーハマースタイン2世とリチャード・ロジャースによって作られたミュージカルです。 サッカーファンだと「You'll never walk alone」が有名ですよね…

Incidental Music Vol.69

フジテレビ系列で1997年に放送されていたドラマ、 「それが答えだ!」の音楽がとても好きでした。 主演は三上博史さん。 世界的なマエストロだったけれど、いろいろと難がある性格が災いし、 演奏をボイコットされるところから物語は始まります。 そして、ひ…

Incidental Music Vol.68

その昔、テレビ朝日系で放送されていた、 テレビドラマ「TRICK(トリック)」というのがありました。 シュールな演出とセリフ回し、あるいはユーモアのある展開など、 当時、人気を博したドラマの一つでした。 劇場版も複数回製作されたことからもその人気が…

Incidental Music Vol.67

その昔。 今から20年以上前になります。 当時、アメリカ留学真っ只中だった私は、 1つの作品を友人に頼まれて作成することになりました。 「QUINTET!QUINTET!」と題されたその作品は、 エニックス社(現スクウェア・エニックス)が販売を手掛けていた、 開…