音楽つれづれ日記

音楽好き、飽き性、そして中庸思考。

ゲーム

7月11日です

今から5年前の今日。 偉大なプログラマであり、 日本を代表するゲームメーカーのひとつ、任天堂の社長を務め、 顧客へ「直接」情報を届けてくださっていた、岩田聡さんの命日です。 hw480401.hatenablog.com hw480401.hatenablog.com 当時のブログを読むと恥…

ドラクエの日(一日遅れ)

1986年5月27日。 今から34年前の昨日、ドラゴンクエストが発売されました。 大好きなRPGシリーズの一つでもあり、 今でも続編や派生作品が作られ続けている国産RPGです。 ファミコンを子供の頃にお小遣いをためて買った私にとって、 マリオとゼルダとドラゴ…

浅野さん

ゴダイゴのギタリスト、浅野孝已さんがお亡くなりになりました。 ゴダイゴというと日本を代表するプログレバンドです。 プログレ?という人もいるかもしれませんが、 少なくとも私自身はそう感じています。 TVドラマ「西遊記」やアニメ映画「銀河鉄道999…

あつ森アナリーゼ 後編

hw480401.hatenablog.com 先日、こんな記事を書きました。 あつまれどうぶつの森のタイトル曲について、 楽曲分析(みたいなこと)をやっています。 こちらは後編となりますので、前編をご覧の上でお読みいただけると幸いです。 今回はコード進行のお話をし…

あつ森アナリーゼ 前編

「あつまれ どうぶつの森(以下あつ森)」をマイペースで楽しんでおります。 一日30分足らずの時間を無人島で堪能しています。 で、一応スタッフロール的なものは確認しました。 それで終わりということではないんですけど、 こういうご時世ですから、まった…

Incidental Music Vol.80

世間では自粛、Stay Homeということで、 自宅で仕事、自宅待機などでずっと家にいらっしゃる方も多いと思います。 かくいう私は在宅勤務がしにくい職業なので、 どうしても平日は通勤しなければならないわけですが、 休日(土日祝)は家でまったりとすること…

新たなる

※このブログを読まれる前に 今回のブログ、「新たなる」ですが、大仰なタイトルをつけてはいますけど、 内容はPS4用ソフト「新サクラ大戦」のネタバレ感想みたいな感じです。 なので、ゲームに興味のない方、 あるいは、ゲームに興味はあるが「新サクラ大戦…

オニオン弦楽合奏団 第七回演奏会

1989年。 コピーライターの糸井重里さんが中心となって一つのRPGが作られました。 そのゲーム「MOTHER」はのちに3作目まで制作されることになります。 2015年。 一人のゲームクリエイターが日本のゲームなどに影響を受けて、 とある一つのインディーズゲーム…

「ゼルダの伝説 夢をみる島」の音楽の感想 (ネタバレあり)

2019年9月22日の1時50分くらいですかね。 無事クリアしました。 ゼルダの伝説 夢をみる島 ARTBOOK SET -Switch 出版社/メーカー: 任天堂 発売日: 2019/09/20 メディア: Video Game この商品を含むブログを見る ここから先は夢島のネタバレ全開で書く予定です…

いーすりー

※注意 今回のブログは、趣味力全開のお話となります。 知らない人は置いてけぼりになりますのでご了承ください。 そして音楽のお話はほとんど出てきません(笑) なので、いつものブログだ、と期待してみると痛い目にあいます。 コアなファンのやってるよう…

オニオン弦楽合奏団 第六回演奏会のこと

出だしからネガティブなこと書きます。実はこの公演(FF3の演奏会)があることは知っていたんですけど、最初は行くつもりはありませんでした。Melodies of Crystalという音楽団体の公演は以前よく行っていました。オニオン弦楽合奏団という弦楽合奏主体の演…

洗足ゲーム音楽ブラスに寄せて

このブログは、本日、2018年11月24日(土)に行われた、「洗足ゲーム音楽ブラス」の第2回演奏会の感想ブログです。なんですけど。ちょっと違うお話からさせてください。今回のこの演奏会で、ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド(以下、BotW)の演奏が行われま…

ゼルダの伝説コンサート2018へ行ってきた(ネタバレありVer.)

(こちらのブログを読まれる前に) このブログは、2018年11月22日に行われた、ゼルダの伝説コンサート2018の内容をほぼネタバレしております。(当ブログは12月の最終公演直後まで『ビタロック』してました・・・)今回の内容は、私が参加した11月22日の公演…

ゼルダの伝説コンサート2018へ行ってきた(ネタバレ無しVer.)

※今お読みになってるブログはネタバレ無しVersionです。安心してお読みください。ゼルダの伝説コンサート行ってきました。感想は、まあいろいろとあるにはあるのですが、構成とか長さなどは書けませんけど、とても良かったです。 ゼルダの伝説コンサート2018…

MUSICエンジン第六回演奏会 幻想水滸伝II

MUSICエンジンさんの公演はこれで3回目となります。4月に行われた第四回演奏会「幻想水滸伝II」そして、5月に行われた第五回演奏会「UNDERTALE」今回の第六回演奏会は、第四回と同じ「幻想水滸伝II」でした。前回はオケとシンセのみで演奏され、パイプオ…

JAPAN Studio音楽祭で思ったこと

Sony Interactive Entertainmentが発売するゲーム機、PlayStationシリーズでプレイできるゲームの音楽を楽しむというコンセプトの、「JAPAN Studio音楽祭」が、11月3日、文化の日の夜に3時間に渡って行われました。演奏の感想などはすでに当日の夜、Twit…

NJBP Live! #11

1980年代のお話です。私が幼少期の頃ですね。まだファミコンが出て、ブームとなるちょっと前でした。そのころ幼かった私は、学校帰りに毎日のようにゲームセンターに通っていました。一ヶ月1,000円というお小遣いをやりくりしながら、1PLAYで当時50円のテ…

藝大ゲームサウンドアンサンブル3 -PLAY MUSIC-

hiro0401.hatenablog.com 昨年の藝大GSEの記事です。(記事の中に一昨年以前の公演の記事リンクもあります)そうなんです。この藝大のゲームサウンドのコンサート、実は結構行ってるんです。今年も行ってきました、東京藝術大学。 2018年9月9日(日)8:55開…

ファミ通コンサートでのマナーのお話

前回、ちょいと辛口にコンサート批評してしまいました。まあでも、あれが正直な感想ではありましたので書いたことに後悔はないんですが、「素晴らしい演奏会でした」と思っている人からすると、ああいうちょっと批判めいた記事というのは、「せっかくいい気…

ファミ通コンサートに行ってきた

きっかけは些細なものでした。ファミ通コンサート音楽で巡る「ドット絵RPG」の遺伝子そう銘打たれたコンサートが開かれると知ったのは、つい先日のことでした。その段階ではすでにチケット販売が終了しており、「ま、運がなかったかなぁ」程度に思っていたん…

MUSICエンジン第五回演奏会 UNDERTALE

このゲームとの出会いのお話をします。2年以上前のことです。アメリカに住む友人が今までにないくらい強くすすめてきた、というのがこのゲームとの出会いです。まだUNDERTALEが日本でこれほど大ブームになる以前の話です。最初に英語版でやり始めた途端に大…

MUSICエンジン第四回演奏会 幻想水滸伝II

東野美紀さんの音楽が大好きなんです。ゲームメーカーKONAMIでサウンドチームに所属され、のちにフリーランスの音楽家となられた方です。代表作というと、KONAMIで作曲のアルバイトをしていた頃につくられた「グラディウス」「沙羅曼蛇」、あとはRPGの名作「…

Music 4Gamer # 2 ワンダと巨像ピアノ&オーケストラコンサート

ワンダと巨像、というゲームが発売されたのは今から13年前、2005年のことになります。その4年前に発売された「ICO」という革新的なゲームを作られた、ゲームクリエイターの上田文人さんによる作品です。ICOもそうですし、ワンダと巨像もそうなのですが、どこ…

「ゼルダの伝説」32周年

1986年2月21日。32年前の今日。あるひとつのゲームが発売されました。そこからさかのぼること2年半ほどまえに発売された任天堂ゲーム機、ファミリーコンピュータ。その拡張機器として発売されたディスクシステム。そのローンチタイトル(同時発売)として二…

第一回!チキチキ!世紀のゲーム音楽大合戦!

なかなかユニークな名前ですが、こちらが正式なライブの名称となります。計4組による対バン形式によるゲーム音楽のライブ。こうしたライブに来るのは本当に久しぶりでした。というのも、私はしばらくアマチュア(という言葉は好きじゃないんですけど)によ…

藝大ゲームサウンドアンサンブル2 TAPESTRY

藝祭のあの雰囲気が好きなんです。東京藝術大学の文化祭である「藝祭」。数年前から私も足しげく通うようになりました。その理由の一つが「ゲームサウンド」です。数年前から毎年恒例となっているゲームサウンドのコンサート。小編成のアンサンブルであった…