音楽つれづれ日記

ありとあらゆる音楽が好きな人。特にジャズが好き。たまにキツい毒をはいたりしますが根はいい奴です。

心落ち着ける音楽

一昨日、買い物に出かけました。

自粛による休業だったので、人の集まるところは避け、

必要な食料を買い込んだ後で、少しだけ足をのばして、

良く散歩に行く公園へと足を向けました。

 

精神的にも肉体的にもかなり疲弊していたのですが、

外気に触れることでほんの少しその疲れが和らいだように感じたんです。

 

その時、ふと頭に舞い降りてきた音楽がありました。

バッハのチェンバロ協奏曲第2番ホ長調です。

第一番ニ短調のほうがかなり有名だとは思うんですが、

暗い音楽よりも少し明るめの音楽が聴きたいと思い、

公園に向かいながら、スマホに入れてある、

グレン・グールド版のバッハを聞き始めました。

 

Complete Concertos for Solo Keyboards & Strings

Complete Concertos for Solo Keyboards & Strings

 

 

何かにぶつかっている時、悩んでいる時に、

ふと舞い降りてくる音楽で最も多いのがバッハの楽曲です。

子供のころから慣れ親しんできた音楽でもあり、

私のクラシック音楽の基礎を築いてくれた作曲家の一人でもありました。

なによりその計算された和声と旋律は、

私を別の世界へと連れて行ってくれる存在でもあったんです。

 

封印していたイヤホンを付けながら、ゆっくりと公園に向かいつつ聞くその音色は、

いつもよりも少し優しい音色に聞こえて、泣けてきました。

不自由なことが続いていて、イライラすることもあり、

こんな生活がこれからも続くということに精神的に参っていたときだったからこそ、

余計にその音色が心の奥底まで響いてきて、感動してしまったんです。

 

特別、この曲が大好きだというわけではなくて、

どの曲も均等に聞いていたつもりだったんですが、

本能ではこの曲に少し強い思い入れがあったのかもしれませんね。

心落ち着ける音楽が見つかって、少しうれしくなりました。

 

Youtubeにも上で紹介したアルバムのフル動画があがってますけど、

出来ればサブスクとかCDで聞いてみてください。

バッハ好きならきっとお気に入りの一つになるかな、と思います。

現代音楽を聞く その85

ハリー・パーチといえば、

アメリカの現代音楽家の一人として、

というよりも、自作楽器の祖という方が知られているかもしれません。

私自身は彼の音楽はあまり好みではありません。

 

こと音楽に関しては好悪の対象として見ることが無くて、

どんな音でもどん欲に吸収することで知られている私ですが(笑)、

彼の音楽は、ありていにいうと「好きじゃない」ということになります。

一応彼のアルバムについても一通り聞いていますし、

楽譜におこして分析したり、彼独自の音階を勉強しようとしたこともありました。

 

が、結局音楽学校にいた多感な頃でもだめでした・・・

 

彼の作風も時代によって変化してはいるのですが、

かなり大枠な話をすると、サイケデリックな印象が強いんですよね。

あ、もちろんいい意味で、ですけども。

 

World of Harry Partch [Analog]

World of Harry Partch [Analog]

  • アーティスト:Partch, Harry
  • 発売日: 2010/03/09
  • メディア: LP Record
 

 

このアルバムの最初に収録されている「Daphne of the Dunes」、

意訳すると「砂のダフネ(花)」という感じになるんでしょうけど、

民俗的な響きと、原始的なサイケ感がそこここに散らばっていて、

聞いてて飽きはしないので、これはこれでありなんでしょうけど、

前述の通り、繰り返し聴くのは精神的に抵抗を感じます(笑)

 

気になった人はサブスク(Spotify)などで聞けますし、

CDも再版されているようなので、よろしければぜひ。

続・告白

 hw480401.hatenablog.com

 

先日、勢いに任せてこんなブログを書きました。

まあ、状況はあの頃と全く変わってないんですけどね・・・

 

このまま時間が経つのを待つのは性に合わないので、

転職サイトなどを活用して新たな職を探しているところです。

いっとき、実家へ帰ることも検討したんですけど、それはやめました。

やっぱりこっちに友人も多くいますし、何よりこちらの生活に慣れてしまったので。

退職するまで悪あがきするつもりです。

 

精神的に不安定な状態が少し続いており、こんな世情でもあることから、

わたしと同じような境遇の人も多いのだろうとは思うんですが、

「いまのままがずっと続く」というのは幻想なのだと痛感しました。

 

夏ころ、私がどこでなにをやっているのか。そればかり気になります。

 

そんな時、わたしは歌を聞きます。

ジャンル問わずいろいろと聞いてます。

ティービーワンダーだったり、マーラーの歌曲だったり、

サラ・ヴォーンだったり、いろいろと聞きまくってます。

 

合唱曲「くちびるに歌を」は、以前このブログでも紹介しましたが、

この歌詞に心動かされます。

 

くちびるに歌を持て

心に太陽を持て

ひとのためにも言葉を持て

 

 

先日、東京混声合唱団がYoutubeで生配信をしていたんですよ。

たまたま見ていたんですけど、

そこでこの「くちびるに歌を」が歌われていて、

不覚にも号泣してしまいました。

 


東京混声合唱団 合唱で全国へエール supported by KDDI

 

旅立ちの日に」や「大地讃頌」など、

一度ならず耳にしたことのある合唱曲をたくさん歌われていました。

プロの合唱団ってやっぱりすごいなぁ、と思いつつ、

合唱団の皆さまの心からのエールを私ももらいました。

 

やっぱり音楽っていいもんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

追記

4月からブログの更新を増やすと何も考えずに書いてしまいましたが、

来週から週2から3くらいにしようと画策してます。

転職活動やら今の仕事の残務処理などもあるので、

あくまでも「予定」ということで(笑)

告白

今日、会社のお偉方の面々と重要な会議が行われました。

そこで通告されたのが「希望退職を募る」というものでした。

昨年の晩秋あたりから業績の落ち込みがひどく、

私の所属する部署でも立て直しをいろいろと講じてきました。

そこにきて、新型肺炎の襲来です。もはや持ちこたえることはできませんでした。

 

昨年末から最近まで多忙だったのはこのせいです。

ですが、その努力もむなしく「リストラ」されました。

あと数か月後には会社を去ることになります。

夏からは失業保険をもらいながらの転職活動となりそうです。

 

 

そして、スペインでのお仕事も暗雲が立ち込めています。

8月の初旬から後半にかけてのおよそ3週間、

向こうに滞在していろいろとやらかす予定ではあったのですが、

こちらも新型肺炎の影響、そして私自身のよりどころがなくなってしまうという事態、

それらの状況を鑑みて、おそらくはこちらのお仕事も無くなるかもしれません。

 

正直、気がめいってしまっています。滅入りすぎて泣きそうです。

まあ、実際肉親や知人に心情を吐露して泣いたんですけど(笑)

 

一寸先は闇、とはよく言ったもので、

40代のおじさんが再就職できるのかどうか、

そして安定した収入を失おうとしている中、

音楽のお仕事を続けていくことが果たしてできるのかどうか、

まだ時間はあるとはいえ、不安を数え上げたらきりがありません。

 

ということで、来月あたりからお仕事が暇になると思うので、

ブログの更新頻度を少し上げたいと思ってます。

何かを書いているとき、何か作業を行っているとき、

ほんのひとときでもこうした苦境から離れることで精神の安定を図る、

というと聞こえはいいですけど、ていのいい現実逃避ですね・・・

 

 

告白は以上となります。ご清聴ありがとうございました。

Incidental Music Vol.78

基本的にドラマはあまり見ない人間なんですが、

2年前に放送された「アンナチュラル」はちょこっと見ました。

もともと医療系ドラマは好物でしたし、

救命病棟24時」や「医龍」などの医療系ドラマは、

いざ見始めるとずっと見てしまってましたね。

 

アンナチュラルの音楽を担当されたのは、

ドラマやアニメなどで活躍されている得田真裕さんです。

得田さんのお名前はドラマやドキュメンタリーなどで拝見していて、

以前からお名前は存じ上げていたのですが、

そこまで氏の曲を聞きこんでいるわけではなかったので、

これを機会にアンナチュラルのサントラを再度引っ張り出して聞いてみました。

 

 

私はCDではなく某サイトで2年前のダウンロード購入しました。

Amazon Unlimitedに入られている方はサントラ聞けます)

全部好き、って書くと嘘っぽく聞こえるかもしれませんけど、

劇伴としてのクオリティはとても高く、聞いてて飽きません。

特にオープニングの「Unnatural Death」は、

ブルガリアンボイスが決めどころで使われていて、

アップテンポとなってからの展開もとても聞きごたえのあるものになってます。

 

まあ、某作曲家の楽曲をイメージさせるものが多かった気もしますけど(笑)

それはそれ、これはこれ、ですよね。

 

あえてここまで触れてませんでしたけど、

アンナチュラルのお話をしておいて「Lemon」の話はしないのか、

と思ってる方も多いと思いますが、しません。

今さら感もありますし、ここでグダグダ語るのも野暮な気がしますんで。

 

ドラマに興味が少しでもわいてきたのであれば、

一話からご覧になられることをお勧めしておきます。

今の日本そのまんまって感じで描かれてますので。

 

病気よりなにより、ホントに怖いのは「人」ってことがよくわかります。

春に

合唱曲集「地平線のかなたへ」。

この中の1曲で、単独でも合唱されることの多い「春に」がとても好きです。

 

もともと、谷川俊太郎さんの詩はとても好きで読んでいましたし、

木下牧子さんの紡ぎだすメロディに、憧憬すら抱いていました。

そんな二人がタッグを組んで作られた合唱曲です。

好きにならない理由なんてありません。

 

この合唱曲集が出始めた頃は、確か高校生くらいだったと思うんですけど、

一度もこの歌を合唱することなく、学生生活を終えました・・・

 

 

昔、合唱曲の編曲をさせていただくことがあったのですが、

そのときにも木下牧子さんの楽曲を参考にさせていただいたことがあります。

(たくさん参考にさせていただいた作曲家の中のお一人です)

ビッグバンドや歌謡曲、あるいはJ-POPなどの編曲をしてきた人間からすると、

まったく異質の世界に迷い込んだ気分になりました。

未だにフルオケと合唱の編曲は苦手意識が付きまといます(笑)

 

 

よろこびだ しかしかなしみでもある

いらだちだ しかもやすらぎがある

あこがれだ そしていかりがかくれている

心のダムにせきとめられ

よどみ 渦まき せめぎあい いま あふれようとする

この気持ちはなんだろう

 

 

今の政情不安な状況で、改めて「春に」の歌詞を思い起こしてみると、

ものすごく痛切ななにかを感じて、泣きそうになってきます。

 

ふと、この歌を聞きたくなりました。

きっと春が来る。そんなことを思いながら。

Beverly Kenney / Come Swing With Me【ジャズのススメ 128】

ビバリー・ケニーの歌声を聞くなら、

このアルバムよりもおススメがたくさんあります。

彼女の「Sings For Playboys」というアルバムは、

シンプルな編成ながら、聞きごたえのあるものになってます。

 

が、あえてこっちをすすめる理由は、単に私が好きだからです(笑)

 

COME SWING WITH ME

COME SWING WITH ME

 

 

こちらは編成が少し大きめのバンドを従えての歌唱です。

このバンドが上手いったらないので、聞いてて心地よいです。

もちろん彼女の特徴ある歌声を存分に堪能できます。

 

ただ、このアルバム、私の周りではそれほど好評ではないんですよね(笑)

なんででしょう。

1曲目の「Give Me the Simple Life」からすごく引き込まれて、

気が付くとアルバムの最後まで聞きいってしまっている自分がいます。

 

もう少し評価されてもいいのになぁ、という願望をこめて。