音楽つれづれ日記

音楽好き、飽き性、そして中庸思考。

Incidental Music Vol.99

定期的に「何もやる気がしない病」というのが襲ってきます。

アクティブなインドア派を自認している私ですが、

お休みの日とかできるだけ外へ出かけるようにしています。

今回のゴールデンウィークは、うまくすれば10連休になるということみたいですが、

私は、公的には5連休をもらってます。

その間にも打ち合わせやら何やらがあって、

結局は家でこもることも殆どないというのが実情です。

 

そもそも家でじっとしてられない性格なんですけど(笑)

 

で、まあ、相変わらず前置きが長いんですけど、

「散歩のときに何を聞くか問題」というのがあります。

基本的には私はiPhoneに入っている曲がランダム再生されることが多いんですが、

たまに「こういうのを聞きたくなるのよね」ということもあります。

 

 

テリー・ギリアム監督の「フィッシャー・キング」です。

私の兄が大好きな映画なんですけど、

私は当時はそれほど面白みがわからなかった口なんですよ。

で、公開からしばらく経って改めて見てみると、

なんとも不思議な映画だなという感想を持ちました。

 

再生の物語、というと聞こえは良いかもしれませんけど、

その不可思議さを醸し出しているのが、この映画の音楽なのかもしれません。

 

音楽を担当したのはジョージ・フェントン

メンフィス・ベル」とか「アンナと王様」あたりが有名でしょうか。

個人的には「ユー・ガット・メール」とか「恋はデジャヴ」あたりが好きですが。

もちろん彼の音楽もとても素晴らしいんですけど、

挿入曲として、ジョン・コルトレーンブレンダ・リーの曲が使われてます。

サントラにももちろん入っているわけですけど、

ちぐはぐなようで、ちゃんとまとまったサントラだな、という印象でした。

今あらためて聞いてますけど、やっぱり良いんですよね。

 

散歩するにはうってつけ、かどうかはわかりませんけど(笑)

桜歌之宴<二幕>

過去ブログはこちら。

 

hw480401.hatenablog.com

 

最近ブログの更新が滞るくらいには忙しくさせていただいてます。

これ以上書くと今の仕事の愚痴しかかけなくなりそうなので・・・

 

私の心のオアシスの一つが音楽であることは自明のことと思いますが、

今日は生で歌をたくさん聞いてまいりました。

というわけで、このブログではおなじみとなっております、

「新サクラ大戦 the Stage」の感想ブログです。

今回は昨年の春と秋に開催されたライブの第二幕ということで、

昨年末の舞台で新たに登場した新キャストも交えたものとなっております。

 

いやぁ、楽しかった。

 

「新サクラ大戦 the Stage ~二つの焔~」公式サイト

 

仕事の都合で土曜日の公演は見てないんですが、

本日、日曜日の2公演はバッチリ見させていただきました。

マチネ(昼公演)は2階席の一番前、

ソワレ(夜公演)は1階席の一番前、

という、なんとも恵まれた感じでございました。

 

ソワレのとき、席に行くと私の席の隣に座ってる方がいらっしゃいました。

一番前での観劇は、この新サクラ関連だと初めてだったと記憶してますので、

緊張と興奮のあまり、その方に話しかけてしまったんです。

開幕前と閉幕後に少しだけお話していただけました。

その節はありがとうございました。

一緒に泣いてくれてありがとうございました(笑)

 

 

開幕前の朧様とミスターIとのコントがつつがなく終わり、宴の幕が開きました。

(ほんとうはつつがなくなかったんですが)

 

檄!帝国華撃団<新章>

虹の彼方

円卓の騎士

 

最初に披露されたのがこの3曲でした。

ゲキテイ新章は安定感抜群です。

そして、上海華撃団の「虹の彼方」と倫敦華撃団の「円卓の騎士」も、

前回の舞台で聞いてはいましたがやはりこれは生で聞くべきだと思いましたね。

最初に比べると、花組も焔組も歌声が進化しているように感じました。

 

そして、この後の曲が本当にやばかったんです。

サクラ大戦スーパー歌謡ショウ「新編八犬伝」の「花のように夢のように」でした。

マチネで最初このイントロを聞いたとき、すでに泣いてました(笑)

スーパー歌謡ショウとして最初の舞台(2002年)だったこともあり、

この「八犬伝」の楽曲は印象に残ってます。まあ、全部残ってるんですけど・・・

「わたしたちはいつでもこの舞台にいます」という言葉がぐっときました。

 

 

そして、メンバー紹介が行われた後、花組の持ち歌シャッフルが行われました。

 

女!!祭りの心意気(望月あざみ)

忍者あざみ(天宮さくら)

帰れる場所(東雲初穂)

輪舞(アナスタシア・パルマ

乙女なんですよ(クラリス

 

帝国華撃団花組の公演でもおなじみの「持ち歌シャッフル」が、

今回の新サクラでも行われるというのは嬉しかったです。

どれも良かったわけですけど、個人的には最初のあざみが一番印象に残ったでしょうか。

いや、まあどれもこれも良かったんですけどね。

 

 

 

このあたりからセットリストの記憶があやふやなので、違ってたらすいません。

 

 

ユンフォア~レビュウ桜花乱舞~(上海華撃団)

完璧なロンド(倫敦華撃団)

下町ラプソディ(さくら&クラリス

お祭りダンス(初穂)

我が心に鳴る鐘(アナスタシア&あざみ)

 

たぶんこの順番だったと思うんだよなぁ。

スーパー歌謡ショウの「新西遊記」大好きだったので、

ユンフォアを上海組で聞けたのは本当に嬉しかったし泣きました。

お二人が本当にお上手で鼻水垂らしながら聞き入ってました。

 

奏組のバッハの持ち歌「完璧なロンド」がここで来るとは全く予想外でした。

まあでも、クラシカルな雰囲気なので倫敦組との相性は良かったかもしれません。

男性曲なので歌いにくいところもあったかもしれませんが。

 

下町ラプソディは「サクラ大戦TV」でも大好きな曲でしたし、

原曲の雰囲気にも寄せて、とても心地よかったです。

 

お祭りダンスは初穂のソロ曲として成立してた感もあります。

「オイサ!」もそうですけど「イェイェ~イ」ってのもありかなと。

 

そして「我が心に鳴る鐘」です。

この曲は少し語らなければなりません。

もともとはサクラ大戦のドラマCDの中の一曲です。

マリアとアイリスが歌っていたものですね。

そもそもこの曲をこのライブで聞けるなんて思ってませんでしたから、

紹介されたときにはすでに号泣してましたし、

お二人の歌声で、上述した心配は杞憂だったですし、

そりゃもう泣きまくりましたよ、えぇ。

たぶん「花のように夢のように」並みに泣いたと思います(笑)

 

 

ここで新サクラ大戦 the Stageのオリジナル曲の登場です。

 

(マチネ)「POWER OF LOVE」

(ソワレ)「叫べ!仲間と高らかに」

 

POWER OF LOVEは一番最初の舞台で披露された劇中劇の歌ですね。

サビは聴き応えがあって、もう一度生で聞きたいと思っていたので嬉しかったです。

そして「叫べ!仲間と高らかに」は昨年末の「二つの焔」のクライマックスで、

華撃団全員で歌った歌ですね。ゲームでの「反撃のテーマ」のメロディが元です。

この2曲を日替わり、ならぬ、マチソワで入れ替えるというのはすごいですね。

私は両方とも聞けたので大満足でしたが。

 

 

ここからはすみれさんと芽組の皆さんのお時間でした。

 

「舞台の神様」

ルリルラん 銀座ロマン」

 

「舞台の神様」は最初のライブで初披露された、神崎すみれ支配人の歌ですね。

最初の披露時よりも格段に歌がうまくなってて(上から目線ですいません)、

ハーモニーも良くなって、改めて聞くとやはり良い曲だなと思いました。

というかですね、神崎すみれを演じられている片山さんが、

どんどんすみれさんになっていってる気がするんですよ。違和感がないんです。

歌ってるとき、そんなことばっかり考えてました(笑)

 

ゲーム本編でも登場した西城いつきの持ち歌「ルリルラん 銀座ロマン」。

最初はアイドルチックに始まって、途中でハードロック調になるという、

前代未聞の楽曲です。歌う方も大変だと思います。

ゲームでは吉岡茉祐さんが歌われてましたが、

舞台版では芽組のお一人である石田彩夏さんが歌われてました。

オリジナルに寄せている印象もありましたが、歌がうまい!

芽組によるパフォーマンスでしたけどソロでも十分行けると感じました。

 

 

そしてクライマックスは全員揃っての歌唱タイムです。

 

花の戦士

桜夢見し

新たなる

檄!帝国華撃団<新章>

 

いつもの、といえばそれまでではありますが、

実は今回「桜夢見し」がフルコーラスになってました!

たぶん新サクラ大戦の中でも屈指の難しい曲であるこの曲を、

花組の5人で生で歌い、激しく踊るのは大変だということで、

焔組が加わっての歌唱となってました。それでも大変でしたでしょうけども。

あの曲に、何故か難しいダンスがつけられていて、

見てる方も大変だとわかるくらい、大変だったんだろうなと思いました。

 

そして最後のゲキテイ新章は客席と一緒に踊るいつものあれです。

 

 

帰宅して駆け足で書いてみました。

30分程度で書きなぐってしまったので、

細かいところでミスだったりあるかもしれませんが、

それは「ご愛嬌」ということで(←今日のマチネのアフタートークのネタ)

 

出演者の皆様、スタッフの皆様、会場スタッフの皆様、

このご時世でこうしたライブを開催していただきありがとうございました。

そして、公平さんももぎり横の定位置でお疲れ様でした。

マチネのときに目があって会釈して話そうと思って、

会釈だけで通り過ぎてしまった弱虫です(笑)

 

今回は次回予告がなく、寂しい気持ちではありましたが、

またいつか新サクラ大戦の舞台が見られることを祈りつつ。

 

ゼルダの好きな音楽を久々に語ってみる

だいぶ前にゼルダの伝説ブレスオブワイルドの音楽のことを書きました。

私のゲーム音楽の主成分はドラクエゼルダでできています。

 

というわけで今回はゲームのお話になります。

興味が無い方はブラウザの戻るボタンを押していただくか、

読むのが苦痛かもしれませんけど、最後までお付き合いください。

 

「一番好きなゼルダの音楽ってなんですか?」っていう質問は、

多分何度もされたことがあると記憶しているんですが、

私の場合、コロコロとよく意見が変わるんですよね。

基本的にはテキトーな人間なものですから(笑)

 

それに音楽に順位なんてつけられません、いや、ほんとに。

ゼルダ音楽でも嫌いな曲っていうのはありません。

苦手なものはいくつかありますけど・・・

そういう意味でいうと、

私の場合は「一番聞いているゼルダの音楽はなんですか?」となると思うんです。

 

 

たぶんそれは2002年来ずっと変わってないと思うんですよね。

当時も感動しましたし、今聞いてもやっぱりすごいって思いますから。

 

Nintendoゲームキューブで2002年12月13日に発売された、

ゼルダの伝説 風のタクト」の「スタッフクレジット」ですね。

これは今でも本当によく聞いてます。

 

 

 

 

 

 

 

 

※ここからあと、風のタクトのネタバレを書きます。

プレイしていない人はいないと思いますし、

20年前のゲームにネタバレもへったくれもないとは思うんですけど、

一応忠告めいたことはしておかないといけないので。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

風のタクトはこれまでとはテイストが違っていて、

キャラクターがアニメーションぽくなったり、

広い大海原で探しものをしなければならなかったりして、

ファンでも賛否両論がある名作アクションRPGとなっています。

私もこれをゲームとしてみると、苦労が多かった印象は持ってます。

大好きではありますけど。

 

電源を入れてゲームキューブの起動画面のあと、

風のタクトのタイトル画面が出てくるわけですけど、

その音楽が民族音楽ケルトっぽいというのも驚きでしたし、

そのタイトル音楽自体が「地神の唄」「風神の唄」が合わさったものであり、

そのタイトル音楽がそのままエンディングの主旋律となっているわけです。

 

「スタッフクレジット」を私がたくさん聞いている理由の一つは、

音楽がわかりやすいところ、にあるのかもしれないと思ってます。

ブレスオブワイルドは私の中でもすごい名作であったと思いますし、

時のオカリナムジュラの仮面などなど、

ゲーム的にも音楽的にも優れたタイトルはたくさんあります。

ただ、音楽の構成のわかりやすさという1点に話を絞ると、

風のタクトの「スタッフクレジット」はすごいなぁと思うんですよ。

 

タイトル画面(風神の唄、地神の唄)からほぼそのまま始まって、

その旋律がそのまま進行していきます。

途中でストリングス調のベースが登場しますが、

このベースが「プロロ島」のベースとほぼ同じです。

まあ、そこはわかりにくいところではあるんですが(笑)

 

基本、このタイトル画面の音楽が全体を支配しています。

そこに「アリルのテーマ」あるいは「大海原」のメロディが顔をのぞかせます。

ゼルダの子守唄」も入ってますね。

そうなんです、ちゃんとメロディがわかりやすく構成されてるんです。

このメドレー形式ともいえる構成が本当に大好きなんですよね。

 

ちなみに、「プロロ島」の最初のメロディは「アリルのテーマ」と同じです。

アリルのテーマは3拍子、プロロ島は2拍子でリズムは違いますが、

メロディの流れは全く同じです。

「スタッフクレジット」はずっと3拍子で作られているので、

(正確には8分の9拍子ですけど・・・)

挿入されているのは「アリルのテーマ」だと思われます。

タイトル画面の旋律がなり続ける中で、

大海原やアリルのテーマが自然と耳に入ってくるんですけど、

それがなんとも心地よいんですよね。

 

何度も聞くことになるタイトル画面の音楽、

あるいは地神の唄、風神の唄がモチーフとして常に登場して、

そこにフィールド音楽である「大海原」あるいは、

ヒロインである「アリルのテーマ」を編み込んで、

一つのタペストリーとして完成された形というのが、

物語の最後を締めくくるにふさわしい音楽だったように思います。

 

 

 

なぜいまさらゼルダの音楽のことを語っているのかというと、

ネット動画で風のタクトをプレイ実況しているのをたまたま見たからです。

懐かしくなってWiiUでHD版またクリアまでやりたくなってきました。

エイプリルフールに

あと数時間で年度が変わります。

そして、あと数時間で一つ歳を取ります。

 

これだけの年数、誕生日を迎え続けていると、

感慨もへったくれもないんですけど、

それでも、少なからず祝ってくれる人がいるってのは嬉しいものですね。

50に手が届こうとしていると思うと、

あと何回祝えるのか戦々恐々ではありますけども(笑)

 

同じ誕生日の方、おめでとうございます。

同胞に幸多からんことを・・・

THAD JONES / Detroit - New York Junction 【ジャズのススメ 150】

サド・ジョーンズのトランペットの音色って、

ある種独特なニオイを感じさせるんですけど、

それとは全く関係ない話になりますが(笑)、

特にこのアルバムに関してはそれぞれのバランスの良い印象が強いんです。

 

Detroit New York Junction

Detroit New York Junction

Amazon

Thad Jones Sextet - Scratch - YouTube

 

彼のアルバムなら「マグニフィセント」を推す人も多くて、

きっとそのほうがメジャーではあるんでしょうけど、

マグニフィセントでピアノを担当しているバリー・ハリスの音色よりも、

このアルバムのトミー・フラナガンのピアノの音色のほうが好みなんです。

あくまで個人的な感想になるんですけど。

 

 

 

 

ということでまたまたお久しぶりです。

気がつけば私の誕生日まであと一週間切ってました(笑)

このジャズのススメ、去年の11月以来の更新になります。

ネタは無尽蔵にあるにはあるんですけど、なかなかまとまった時間が取れず、

見てくださっている方には申し訳なく思います。

 

もうしばらくすると公私ともに余裕ができるかと思いますので、

それまでは不定期更新でまったりとお楽しみいただけますと幸いです。

現代音楽を聞く その105

ちまたでは男性の身長問題でもちきりのようでございます。

おひさしぶりです、ヒロユキでございます。

 

上で書いた今話題の案件、個人的な感想をいうと、

悪いことをしたから罰を受けるのは当たり前だ、

だから袋叩きにされてもしかたない、とでもいうかのように、

悪口雑言を浴びせられているってのは見てて気持ちいいもんじゃないですよね。

悪いことをしたら再起不能になるくらいまで痛めつけるってのは、

ある種「いじめっ子の論調」な気もするんですけど、どうなんでしょうね。

まあ、言ってる人たちはそんな真剣な気持ちじゃないでしょうけど。

 

おっと、お話がそれました。

 

佐村河内守、という名前を聞くと私などは「鬼武者」を思い出します。

そして実はゴーストライターを使って曲が作られていたこともわかり、

彼の作品はちまたで封印されてしまう結果となってしまいました。

 

私自身、彼の曲を生で聞いた人間なので言わせていただきますが、

彼の名義で披露された曲はどの曲も素晴らしい楽曲だったように思います。

日本人というのはレッテルを貼るのが得意な人種であり、

同調圧力というものを至上のものとしている気風が感じられる人種でもあるので、

曲自体のクオリティなどよりも、人物像に重きを置きがちにあるという傾向が強いわけです。

 

まあでも、「うまいもんはうまい!」ではないですけど、

「良いものは良い」っていう感覚で音楽を聞くのが当たり前な気もするんですよね。

 

交響曲第1番「HIROSHIMA/現代典礼」《全曲映像版》(佐村河内守/新垣隆) - YouTube

 

今あらためてこの交響曲1番を聞いてみると、やはり良いんですよね。

佐村河内さん、じゃない、新垣隆さんの思いみたいなものは溢れている気がします。

きっと遠からぬ未来に再評価されることになるんだろうと思いつつ、

この曲を聞いて、ささくれだった心を少し癒そうと思います。

ブラスぷらす Op.40

今日は仕事お休みです。

今月はなかなかの疲労度のあるお仕事が多かったんですが、

まあ、なんにせよ1月は無事乗り切れたようでよかったよかった、と。

 

「のりきれる」と聞くと、サーフィンを連想するのは私だけですかね(笑)

 

海の楽曲というとクラシックや歌謡曲でもたくさんあります。

さて、吹奏楽でいうと何があるのかなと考えてると、

最初に思い浮かんだのは、「青い水平線」でした。

スイスの作曲家、フランコ・チェザリーニの楽曲です。

 

青い水平線 -Blue Horizons- - YouTube

 

3楽章がアタッカ(楽章間の休みがない)で演奏されます。

幻想的な雰囲気から始まりますが、途中激しい戦いの場面などもあります。

全体としては、なにかこう温かいものに包まれるような、

そんな印象を抱かせてくれる、とても良い曲だと思います。

 

なぜこの曲を選んだのかというと、ランダム再生で昨日聞いたからです(笑)

久しぶりに聞くとじんわりと心が和みました。