音楽つれづれ日記

音楽好き、飽き性、そして中庸思考。

高校時代の恩師

きのうの朝のことです。

私の生まれ故郷である神戸市に住む友人から連絡がありました。

高校時代の恩師が急逝したということでした。

 

神戸の某進学高校へ入れさせられた私は、

そのころから「将来は音楽の道へ進みたい」と漠然と思うようになっていました。

ただ、周りの生徒たちはそういう夢を持った人はほとんどいなくて、

末は博士か大臣か、キャリア志向の人たち、いや、変態たちがわんさといたんです。

そんな中、少ないながらも私の夢に共感してくれた先生がいました。

 

そのお一人が、おとといの夜に亡くなったんです。

あわてて、昨日の朝、急いで神戸に向かいました。

 

特に寂しいというわけでもなく、泣いたというわけでもないのですが、

ぽっかりと穴があいたような、そんな心持ちでお通夜に参加しました。

当時の高校の同級生と久しぶりにあって、

今の状況を語り合った夜は、不謹慎ながら楽しいひとときでした。

 

すでに省庁のお偉いさんになっている人もいれば、

近所の八百屋で威勢よく声を張り上げているやつもいます。

高校時代から四半世紀以上経っているわけですから、

いろんな人生がそこにはあるわけでして、

そんな同級生たちとの会合は興味と驚きの連続でした。

 

亡くなった恩師の近況を語ってくれたのはそんな中の一人です。

「今年の初めに会った時もおまえのこと心配しとったで」

そうなんです。

その恩師は、私がアメリカ留学を決めたときも、

留学中に病気で1年早く帰国した時も、

私が音楽の道を半ばあきらめたときにも、

何でもないような口調で諭し、励ましてくれました。

どちらかというと問題児だった私のことをかわいがってくれたのは、

当時はとても嫌だったんですけど、

今にして思うと、相当気にかけてくれていたんだなと思います。

 

アメリカ留学中にもお手紙をもらいました。

「ホームシックにかかってないか」

「英語はちゃんと通じてるのか」

「音楽の勉強は楽しいか」

他愛もない文章の中にも、さりげない心配と期待が込められていて、

当時いろいろと落ち込んでいた私を勇気づけてくれました。

 

私が帰国して、本格的に編曲家の道を歩みだしたころには、

すでに教職を辞して、私塾を開いていました。

その私塾もだいぶ前にやめて、隠居状態になっていたんですけど

同級生の話では、年に一度くらいは集まって話をしてたんだそうです。

私はそういう場がどうにも苦手だったので、

結局数回程度参加しただけで、ここ数十年はご無沙汰だったんですが、

今更ですが、もう少し交流を深めていればなぁ、と思います。

 

 

今日、早々に自宅へ戻ってきてブログを書いているのですが、

よくわからないんですが、帰宅して泣きたい気持ちになってます。

いや、泣いてます。

 

先生へ

音楽の夢は細々と継続していますが、今は普通に働く身になりました。

やはり、自由業で食べていくのは大変です・・・

でも、死ぬまで音楽と向き合う覚悟です。

あともう少ししたらそっちに行くと思うので、

遠慮なく私を叱ってやってください。

今まで本当にありがとうございました。

Incidental Music Vol.86

ラジオ「JET STREAM」を昔よく聞いていました。

 

私が高校生のころ、

まだ初代パーソナリティの城達也さんが登場し、

おなじみの「ミスター・ロンリー」が流れます。

 

「Mr. Lonely」といえば、ボビー・ヴィントン(Bobby Vinton)の代表曲です。

今から半世紀以上前の楽曲ですけど、メロディは色あせないですね。

題名は知らなくても、曲を聞くと「ああ、この曲か」と納得することうけあいです。

 

ちなみにいうと、

JET STREAMで流れていたのは、ボビーの歌ではなく、

インストゥルメンタル(歌なし)としてアレンジされたものです。

フランク・プゥルセル(フランスの編曲家)によるものですね。

 

 
CDでも聞けるんですけど、あえてこっちを紹介してみました。

 

中学高校時代は、深夜ラジオを含めて聞きまくっていたラジオっ子なので、

このメロディを聞くと、あの声とともに思い出がよみがえります。

良いことも、そして嫌なことも。

Terry Klinefelter / Simple Gifts【ジャズのススメ 136】

テリー・クラインフェルター。

彼女のピアノを知ったのは、日本に戻ってからでした。

「ジャズというよりはクラシックかな」

と評したのは、おなじみ我が心の友であるピアニストの彼です。

 

確かに、最初に聞いたときはピンとこなかったんです。

 

Simple Gifts

Simple Gifts

 

 

フュージョンぽさもあり、クラシカルなピアノの旋律があり、

でも、全体として聞くと、ちゃんとジャズになってるわけで、

そこはかとなく不思議な音楽、という印象です。

その印象は、当時も今もあまり変わっていません。

 

このアルバム「Simple Gifts」の中に、

「Suite for Guitar and Jazz Trio」なんて代物まで入ってます。

Suiteというのはスイートルームのスイートのことですね。

「一揃い」という意味合いで使われます。

音楽用語だとSuiteは「組曲」と訳されることが多いですね。

「ギターとジャズトリオのための組曲」ってな感じでしょうか。

しょっぱなに「Fantasia/Fugue」(ファンタジア/フーガ)なんて、

バッハっぽい感じのタイトルついてますし(笑)

 

全体としては硬質な印象はぬぐえませんが、

ラクゼーション的なジャズという意味合いではこういうのもありかもしれません。

聞いてると眠くなってきそうですけど・・

 

このアルバム、Amazon Music Unlimited対象となってますし、

他のサブスクはどうかわかりませんが、いろいろなところで聞けますので、

気になる方はぜひどうぞ。まったりジャズもたまにはいいもんです。

 

風をあつめて

先日、「星をあつめて」という歌についてブログを書きました。

 

 

hw480401.hatenablog.com

 

劇場版「SHIROBAKO」のエンディングテーマとして使われていて、

良い曲なので、今でもたまに聞いています。

 

で、このタイトルを聞いて、ふと思い出した曲があるんです。

1970年頃、私がまだ生まれる前に結成されたバンド、

「はっぴぃえんど」の「風をあつめて」です。

 

風をあつめて

風をあつめて

  • 発売日: 2011/11/09
  • メディア: MP3 ダウンロード
 

 

はっぴぃえんどのことは、ほとんど知りません(笑)。

楽曲については、だいぶ後になってすべて聞かせていただいたんですけど、

活躍されていた当時のことはほとんど知りません。

 

私の父親が演歌がとても好きで、

車の中とか家の中でもカセットテープでよく聞いてたんですけど、

ごくたまに、演歌調とは少し違う曲を歌っていることがあったんです。

私は父親にその曲のことを聞いた記憶があります。

すると「風をあつめてという曲やで」と教えてくれました。

 

だから、この曲のサビを聞くと、父親の声を思い出すんです。

 

はっぴぃえんどのことにも少しだけ触れておきましょう。

メンバーは以下の4人です。

 

細野晴臣

鈴木茂

松本隆

大瀧詠一

 

今から見るとそうそうたるメンバーですね。

 

細野さんといえばYMOという人も多いでしょうね。

あるいはイメージソング「風の谷のナウシカ」(歌:安田成美)や、

ガラスの林檎」(歌:松田聖子)の作曲者ってのを思った方もいらっしゃるでしょうか。

 

鈴木茂さんは、アレンジャーという印象も強いですが、

どちらかというとギタリストという肩書が一番しっくりとくるでしょうかね。

最近、表舞台ではお見掛けしないような気もしますが、

謡曲等、邦楽には欠かせないギタリストのお一人ですね。

 

松本隆さんといえば、作詞家です。

それこそ膨大な数の歌詞を書かれています。

前述の細野晴臣の作曲された2曲の作詞はどちらも松本さんが手がけられています。

名コンビ、というと私なんかがおこがましいかもしれませんけど。

 

この4人の中で唯一鬼籍に入られているのが、大滝詠一さんですね。

大瀧さんといえば「幸せな結末」「恋するふたり」など、

ドラマの主題歌という印象が強い方も多いでしょうけど、

稀代のメロディメーカーとして評価が高いお一人ですね。

意外なところでお名前を見ることが多い方です。

 

 

こんな才能の塊みたいなバンドが私の生まれる前に活躍されて、

今でもアルバムなどで形として残っているというのは嬉しい限りです。

 

タイトルの「風をあつめて」については、

松本隆さんが作詞、細野晴臣さんが作曲を担当されました。

サビの「か~ぜ~を~あつ~めて~♪」ってところは、

今でもたまに鼻歌で歌っている自分に気づくことがあります(笑

現代音楽を聞く その92

最近になるまで知らなかった作曲家がいます。

これまでに相当数の楽曲を聞いていると自負しているわけですが、

それでもやっぱり知らない曲というのは存在しているわけでして・・・

(当たり前っちゃ当たり前ですけど)

 

スペインのカタルーニャ出身の作曲家、

フェルナンド・オブラドルスは、歌曲で知られる作曲家です。

といっても私もここ10年くらいで知った作曲家なので、

それほど聞いているわけじゃないんですけど。

 

Symphony 2 / La Poema De La Jungla

Symphony 2 / La Poema De La Jungla

  • 発売日: 1999/01/19
  • メディア: CD
 

 

慌てて買ったのはこのCDでした。

収録されているのは「La Poema De La Jungla」。

日本語に訳すと「ジャングルの詩」という感じでしょうか。

ほとんど演奏されることのない楽曲だとは思いますけど、

それもそのはず、彼の作品の演奏履歴はほとんどありません。

有名な歌曲では少し録音も残ってはいますけどね。

 

CD引っ張り出してこなくても、ネット動画でも聞けるみたいですし、

それこそ私が愛用しているサブスクでも聞けるみたいです。

便利な世の中になりました(笑)

昔はCDを月に5桁、あるいは6桁くらい出費していた時代もありましたから、

それから考えると、本当に天国のような時代です。

それでもお金はたまらないんですけど・・・

思いあれこれ

ここのところ、意識的にブログの更新頻度をあげています。

書きたい欲求が常にあって、ネタには困らないんですけど、

ネタがありすぎて、何から書いてよいのかわからない感じです。

 

シリーズとして続けている、

ジャズ、劇伴、現代音楽、そして吹奏楽も含めまして、

今後のブログ更新についても引き続き不定期更新となりますが、

何卒よろしくお願いいたします。

 

 

さて、今日は雑談的なお話です。

音楽の話はないので、見たくない人はここからは読まないほうが賢明です。

 

 

 

 

このブログを書き始めた当初、

私は意図的にサブカルのことを悪し様に言っていました。

今思うと、その嫌悪感の端緒は、

サブカルに群がる一部のファンに対するものだったのだとわかります。

今もその嫌悪感は根深く残ってはいるんです。くすぶり程度ですけど。

残念ながら「気持ち悪いものは気持ち悪い」としか言えないのがつらいところですが、

向こうからも自分が同じように思われているのだとすれば、差し引きゼロです(笑)

 

 

今日たまたまSNSを見てたんですよ。

そしたら、一つの至言に出会いました。

「敵のいないやつには味方もいないよ」

誰が言った言葉なのかは検索すればわかると思うので書きませんが、

私がこのブログを始めたころの心境はこの一言に尽きる気がします。

 

言いたいことを言おう。

 

一部のクラオタが嫌い。

一部のサブカルファンが嫌い。

一部の若者が嫌い。

一部のお年寄りが嫌い。

一部の、一部の・・・

めんどくさいですけど、これが事実です。

 

すべての人がそうではないんですよね。

統計を取っていないので割合なんてわかりませんけど、

一部の若者たちが酒飲んで大声で叫んでたり、

あるいは一部のお年寄りが、マスクもせずに電車内でしゃべりまくってたり、

一部のサブカルファンが、放送されているコンテンツを罵ったり、

そういうのと、すべてひとまとめにする必要はないんだと思ってます。

「多くの若者の一部」であって「多くの若者」ではなく、

「ファンの一部」であって「ファンの多く」ではないわけです。

 

以前にも書きましたけど、

「国民の総意です」とか「すべての人がそう思ってます」とか、

「~って思わないなんて非国民です」とか「誰が見てもそう思う」とか、

「普通にやってりゃだれでもわかるだろ」とか

軽々にSNSなどで書いてる人って、その時点で関わらないようにしてます。

 

一部のめんどくさい人って、

仲間(同じ思想の人)がいたらゴキブリホイホイみたいに寄り集まって、

井戸端会議めいた様相を呈しています。絶対に近寄りたくないです。

 

これは完全に私の偏見なのですが、

そういう人の多くは「とてもしつこい」んですよね。

それもう時効だろ、ってことを未だにまくしたてて、

挙句の果てにはそのことを本人の公式SNSに返信したりします。

そういうのを見ると「かわいそうな病気なんだ」と思うようにしてます。

 

まあ、そういうのを見たくないからTwitterとは距離を置いてるんです。

一週間に1~2回程度はまだ見てるんですけど(笑)

そういう負の面ばかり気にする人だから、きっと向いてないんでしょうね。

中庸な考えを持つ人で構成される「中庸クラブ」みたいなのがあれば、

私もぜひ参加してみたいところですが、

そうすると、結局は同じ穴のムジナになるのでやめます・・・

 

 

今日は本当に嫌なことに数回連続して遭遇したので、

ちょっとした思いのたけを書いてみました。

心落ち着けるためにバッハでも聞きつつ寝ます。

ブラスぷらす Op.27

 以前、といっても1年位前なんですが、

このブログでサミュエル・ロバート・ヘイゾの楽曲を紹介しました。

 

hw480401.hatenablog.com

 

このブログですね。

「Exultate(エクサルターテ)」(跳躍を意味するラテン語です)と、

もう一曲は日本の楽曲をアレンジした吹奏楽曲を紹介しました。

 

ジャズやプログレも大好きでよく聞くんですけど、

やはり嗜好として「変拍子」がお気に入りなんでしょうね。

 

で、ヘイゾといったら忘れてはならない曲がありました。

Arabesqueアラベスク)」です。

 

The Concert Works of Samuel Hazo, Vol. 1

The Concert Works of Samuel Hazo, Vol. 1

  • 発売日: 2017/05/08
  • メディア: MP3 ダウンロード
 

 

アラベスクの意味は「アラビア風の」という意味合いなのですが、

もともとの意味として、アラビア風の模様を表す言葉から発展して、

華美な装飾を施した音楽、という意味合いでも使われることが多いです。

シューマンドビュッシーが作った「アラベスク」はそんな印象ですよね。

 

その点でいうとヘイゾのアラベスクは「アラビア風」です。

ランプの精が出てきそうな音楽ではありますね(笑)

でも、吹奏楽曲としての完成度はかなり高く、聞いてて飽きません。

6分程度なので、さらっと聞けます。

 

上記のCDはサブスクリプションAmazonSpotify)でも聞けますので、

よろしければぜひとも聞いてみてください。