音楽つれづれ日記

音楽好き、飽き性、そして中庸思考。

三原色

色の三原色は、マゼンダ・シアン・イエローだそうです。

カタカナで色を書かれてしまうとなかなか想像しづらいところもありますが、

こうした情報に詳しい方からすると、何を今更、と思われるのかもしれないですね。

そういえば会社のプリンターのトナーを交換するとき、

こうした名称を見たような気もしますが、うろ覚えです。

色の三原色の原則でいうと、上の3色を混ぜると黒になるのだそうです。

 

対して、光の三原色は、赤・緑・青とかなりわかりやすいです。

それぞれの英語の頭文字をとって「RGB」なんて洒落た言い方もするみたいです。

光の三原色の定義からすると、これら3色を同時に照らすと白になるのだそうです。

実際に見たことはないのでなんとも言えないですけど、

こうしてブログを書いている私が今まさに見ているパソコンのモニターも、

この定義に則った発色である、のかどうかは詳しくない私には全くわかりません。

 

 

以前書いたかどうか忘れましたが、私は共感覚というものを持っています。

具体的に言うと、音に色がついて見えるんですね。

ただ、それはずっと音を聞いている間に見えているわけではなくて、

音楽を聞いていて興奮したり、気持ちがたかぶったり、

何かしらメンタルに影響を及ぼしたときにふとあらわれるものなんです。

そういう意味では不完全な共感覚ですね。

その見え方も共感覚所持者それぞれ個性があるみたいなんですが、

私の場合は演奏者の周りにオーラのように見えることが多いかなと。

そのオーラがくっきり見えることもあれば、薄ぼんやりとみえることも。

 

 

というお話とは全く関係ないことを書きます(笑)

 

 

楽曲制作を手掛けるAyaseさんと、女性ボーカルikuraさんのユニット、と聞くと、

大半の方は「ああ、YOASOBIね」と答えるんだろうと思います。

私が彼らの楽曲を知ったのは、彼らの代表曲の一つ「夜に駆ける」なんですけど、

よく聞いているのは「ハルカ」や「群青」でしょうかね。

 

そうなんです、YOASOBI、好きなんです。

ファンと言うほど追いかけてはいないんですけど、楽曲はほぼ聞いております。

 

ボーカロイドのあの独特の発声は未だに慣れないんですけど、

それでも技術を駆使することで、音楽の知識をあまり知らなくても、

そして自分自身が歌わなくても、

インターネットを通じて自身が制作した歌曲を知る機会が増えました。

そこからアーティストになった方も数多くいらっしゃいます。

だから、ずっとその界隈も注視はしていたんですよね。

 

で、そうした中でYOASOBIの「夜に駆ける」を知ることになり、

そこから彼らの楽曲を追いかけるように聞き始めます。

NTTドコモの「ahamo」のCMソングに抜擢された、

彼らの新曲「三原色」は、今もヘビロテで聞くほど気に入っております。

 

https://youtu.be/nhOhFOoURnE

 

Ayaseさんのチャンネルで公開されている「三原色」のMVを見たんですが、

なんなんでしょ、あれ。あの映像のクオリティはなんなんでしょう。

あいもかわらず歌うのが圧倒的に難しい楽曲なわけですが、

そんな楽曲にあの最高のMVです。インパクトすごかったです。

もう何度見たかわかりませんけど、また今日も見てます。

 

ikuraこと、幾田りらさんの歌声がまた良いんですよね。

ものすんごい上手いのかどうかは私も判断に困るところなんですが、

聞いてて少しも不快に感じない声、それでいてしっかりした発声で、

あの難曲を歌いこなしているというのは、やはり上手いってことなんでしょうね。

 

というわけで、また聞いてきます。

はたらく

近況報告みたいなことをかきます。

 

ここでも一度報告しましたけれども、無事に正規雇用で働き始めました。

あまり詳しいことを書くと特定されてしまう可能性もありますので、

これ以上の報告はできませんけど、もう少し生き延びられそうです。

 

私自身、「はたらく」ということにそれほど積極的ではありません。

かといって、自宅で一日ずっといるということも出来ない人間でもあります。

仕事柄インドア派と思われがちな部分もありますが、実はアウトドア派です。

家にいるよりも外を出歩くことに安心感を抱く人間です。

こんなご時世ではありますが、

他人様にご迷惑をおかけしない程度に、散歩したりしてます。

 

働かないで生活できるなら、こんな楽なことはない、

なんていう人もよくいらっしゃいますけど、私はそうじゃないんですよ。

積極的に働きたくない、というだけで、

働かない、あるいは働けないことにある種の不安感を覚えてしまう人間です。

そういう意味でいうと「承認欲求の強い人間」なのかもしれません。

自分を必要としてくれてることに嬉しさを感じてしまうんですね。

エヴァンゲリオン碇シンジくんほどではないとは思いますけど、

「ぼくはここにいてもいいんだ」という安心感を働く立場でも得たいんでしょう。

 

とまあ、理屈をこねくりまわしてはいますが、

この年令で再就職できたことは素直に嬉しいです。

 

ということで、少し忙しい日々がしばらくは続きそうです。

Andrew Hill / Passing Ships 【ジャズのススメ 147】

 

Passing Ships

Passing Ships

Amazon

 

ジャズピアニスト、アンドリュー・ヒルの中でも、

あまり知られていないアルバムに興味を持ったのは、

多分このジャケットによるところが大きいと思います。

たぶん、いつもの私ならこういうアルバムは手に取らないと思いますし、

今なら多分積極的に聞こうとは思わないたぐいの一枚だったでしょう。

 

彼はジャズの中でもかなりコンテンポラリー寄りな印象を与えます。

前衛的、という表現だとあまりしっくりとこない感じもしますけど、

一般的にはそういう風に呼ばれることが多いようですね。

メロディやハーモニーに引っかかりを覚えさせる感じとでもいいましょうか、

一筋縄では行かない感じ、とでもいいましょうか、

とにもかくにも、一癖も二癖もあるような音色を響かせてくれますが、

トータルで聞いてみると、ちゃんとジャズとして成立している。

 

そんな彼のアルバムでこれを推したくなったのは、たぶん気まぐれです。

たぶん、一般的な編成よりも少し大きめなセッションであること、

それもビッグバンドほどの大人数というわけではなく、

中人数で奏でられる絶妙なバランスによる曲群だということが、

たぶん、私をしてこのアルバムを推させた一因なのかもしれません。

 


www.youtube.com

北極を探しに

 

hw480401.hatenablog.com

 

昨年の今日、私はzabadakのeasy goingを聞いて泣いてました。

今日はまだ一度もzabadakの音楽を聞いてません。

 

でも、頭の中では彼の歌声が響いています。

 

今日はzabadakのメンバーのお一人、吉良知彦さんの命日です。

そしてなんとなく手にとったのがこのアルバムでした。

 

メンバーの一人だった上野洋子さんが脱退後に発売されたアルバムの一つです。

上野さん脱退後はゲストボーカルを招く形でzabadakは継続していきます。

このアルバムのゲストボーカルは高井萌さん。

残念ながら私は高井さんの声をこのアルバムでしか知りません。

そしてこの声、聞いていた当時はあまり好きではありませんでした。

今は特徴のある声で個性的だという風にとらえてますけど、

だから、最初このアルバムを買った当時はあまり聞かなかったんです。

どうやら私と同じような感想を持っている人も多いみたいで、

このアルバムは当時も今でも賛否がはっきりと分かれています。

 

じゃ、なぜ今私はこのアルバムを手にとってるんでしょう。

 

「かえりみち」もとても好きな楽曲ではあるんですが、

高井さんの声にぴったりな印象を受けたのは「北極を探しに」でした。

メロディメーカーとして、またプレイヤー、歌手としての吉良さんはやはり良いですね。

アルバム自体が「くまのプーさん」をテーマにしているんですけど、

その一貫したテーマに則した12篇の詩を見せられているような気分になります。

 

このアルバムは「くまのプーさん」の原作を読んでから聞くと、

また違った意味でいい味を出してくるんです。

サブスクで聴き放題ですので、原作読了後にぜひとも。

 

 

やっぱりこの日はzabadakを聴きたくなります。

きっと毎年そう思うんでしょうね、これからもずっと。

現代音楽を聞く その102

チェコの作曲家、エルヴィン・シュルホフ。

一時期私は彼の室内楽ばっかり聞いていた頃がありました。

 

もちろん中規模、大規模な楽曲も数多くあって、

その中にはジャズ風と銘打たれた野心的な作品もありました。

それらももちろん素晴らしいわけなんですけど、

私自身の嗜好が室内楽好きということもありまして(笑)

 

弦楽四重奏曲第2番」は1925年に作られた曲です。

同じ年に作られた木管のためのディヴェルティメントも良いんですが、

なんにせよ室内楽多めで申し訳ないです。

 

 


www.youtube.com

 

彼もまた、時代とともに作風が大きく変わった作曲家の一人です。

作風が変わった、と聞くとまっさきにスクリャービンあたりを思い浮かべますが、

あそこまで劇的に変化したかどうかは判断の難しいところです。

曲を聞いているとリズムが一定で、ミニマル的な印象も感じますが、

楽曲自体は非常に堅牢な感じも抱かせてくれます。

また、管弦楽曲とか聞くとイメージが変わるかもしれませんけど、

そこまで現代音楽っぽくはない、と個人的には思います。

わたくしのおはなし

いろいろと並行してやることが常態化しております。

マルチタスクというのはやはり心身に相応のダメージを受けるもんですね。

というわけで、少し疲れておりますが、ちょっと報告めいたものをします。

 

先日、無事内定をいただきました。

 

思えば、昨年の5月にコロナの影響で会社が事業撤退し、

大量の退職者が出て、私もその中のひとりになったわけですけど、

そこから食い扶持を稼ぐために非正規雇用で働き始めたのが6月初旬。

その時からずっと転職活動は行っておりました。

 

コロナ禍初期だったこともあり、

希望の求人がほとんどなく、

希望にそくした求人に応募しても書類で落とされることが常でした。

当時のエージェントからは、

「あなたの年代での転職最大の難関は面接ではなく選考です」といわれ、

具体的な数値を引き合いに出されてかなり脅されました(笑)

 

昨年の秋くらいからポツポツと希望の職種が増え始めて、

応募してもほとんどが「ご多幸メール」という日が続きました。

今のままでも生活に困らない程度の銭は稼げているから、

このままでも良いか、という考えもよぎりはしたんですけど、

前職の同僚からもたくさん励ましをもらったこともあって、

ペースは落ちましたけど、求人の確認はずっと続けておりました。

 

1年ごしでようやくそれが実を結んだわけで感慨もひとしおです。

 

100%希望に沿った職ではないかもしれませんけど、

自分の持っている能力を必要としてくれるところがある、というのは嬉しいもんです。

 

 

私は今も、細々とではありますが、音楽の活動も継続しています。

ただ、私の場合はそれはあくまでも本職があっての活動であると思ってるんです。

才もテクニックも乏しい身としては、

安定した生活の上での活動が性に合っているんだろうな、と。

 

だからこそ、音楽を生業として生活を続けているすべての人達を、

私は心の底から尊敬しますし、到底かなわないと考えてます。

もちろん面と向かっては言わないですけど、ずっとそう思ってます。

私もそちら側に行きたかった、と未だに思うこともあります。

 

 

 

というわけで、また社畜になって働くことになるわけですけど、

このブログはいつもと変わらず不定期で書きたいときに書くスタンスでいきます。

愚痴なんかもたまに書くことがあるかもしれませんが、

生あたたかい目で見ていただけますととてもありがたいです。

 

引き続きよろしくお願いいたします。

ブラスぷらす Op.37

 もはや「ジャズのすすめ」と大差なくなってきた感もありますが(笑)

 

バディ・リッチといえば天才的なジャズドラマーの一人、

ということは私がいまさら言わなくても知ってる方も多いでしょう。

正確無比なバチさばきは伝説となっています。

 

The Roar Of '74

The Roar Of '74

  • LRC Ltd. / Groove Merchant Records
Amazon

 

そんな彼のアルバムでもよく知られているのがこれ。

そしてそんな中で私の大好きなのが「Time Check」という曲です。

 

ビッグバンドってこんなかっこいいんだ、っていうのを、

まざまざと見せつけられた1曲といえます。

今聞いてもやっぱり興奮してしまうんですよね、この曲。

 

 


www.youtube.com