読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒロユキの音楽日記

ありとあらゆる音楽が好きな人。たまにキツい毒をはいたりしますが根はいい奴です。

サー・アンドラーシュ・シフ ピアノリサイタル(3/21@初台)

初めて彼の演奏を聴いたのは3年前、2014年のことです。

 

サントリーホールでのベートーヴェンピアノ曲3曲演奏。

前半のピアノソナタ32番c-mollや6つのバガテルももちろん素晴らしかったですが、

後半に演奏された大曲「ディアベリの主題による33の変奏曲」は、

1時間ほどの長い曲にも関わらず時間を感じさせない、まさに至高の演奏でした。

そしてその演奏後のアンコールで、

バッハのゴルドベルク変奏曲のアリア、

そしてベートーヴェンピアノソナタ30番を全曲演奏したんですよね。

アンコールの長さに定評のあるという噂は知っていたのですが、

まさかここまで演奏してくれるとは、という思いが心を満たし、

号泣したのを今事のように思い出します。

 

類まれなるピアニスト、サー・アンドラーシュ・シフ

3年前に感動した演奏の記憶もそのままに、

久しぶりにシフの名演奏に触れることができました。

 

 

(3/21 演目)

モーツァルト:ピアノ・ソナタ第17(16)番 変ロ長調 K.570
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第31番 変イ長調 op.110
ハイドン:ピアノ・ソナタ ニ長調 Hob. XVI:51
シューベルト:ピアノ・ソナタ第20番 イ長調 D959
※休憩なし

 

Last Sonatasと題された公演なのですが、

作曲家が最後に書いたピアノソナタを演奏する、という主旨です。

私が参加した昨日の公演は「最後からひとつ前の作品」群。

後日同会場にて行われる公演は「最後の作品」群。

両方行きたかったのですが、諸般の事情で行けませんでした・・・

ただ、私が好きなベートーヴェンピアノソナタ第31番を聴ければいいや、

という軽いノリで当日参加したことは秘密です(笑)。

 

シフの演奏って一言で言うと「耽美」ということになるんでしょうか。

ここに入る言葉は個人個人で違うとは思うんですけど。

一流のピアニストであることは間違いないわけですが、

技巧的というよりも抑制した情熱みたいなものを私は感じたんですよ。

奏法から感じる旋律の美しさとその情熱が絡まって、耽美という言葉に行き着いた、

というまどろっこしい話はおいといて。

 

 

最初に演奏されたモーツァルトソナタから心がきゅんとしてました。

晩年のモーツァルトの作品というのは、

全盛期と比べて派手さが控えめで、清澄な響きに溢れたものが多い印象です。

このK570もその傾向が強い作品です。

楽譜通り演奏しただけではその曲の魅力を伝えることができない難曲でもあります。

そのあたりの心配はシフの演奏では微塵も感じないんですけどね。

安心してモーツァルトの世界に耽溺することができました。

 

モーツァルトソナタ演奏後に観客から大きな拍手が怒り、

シフが立って一礼した後、通常であれば一度舞台袖にはけるところなのですが、

彼はそのまま椅子に座り直し、おもむろに次のプログラムを演奏し始めました。

 

2曲めはベートーヴェンピアノソナタ第31番。

私が思い入れのあるベートーヴェン楽曲のひとつでもあります。

全てが聴きどころではあるのですが、

私が「無類のフーガ好き」ということもあり、

やはり最終楽章のフーガで泣きまくってました(笑)。

最終楽章の「嘆きの歌」と言われる短調の切ないメロディから、

As-durのフーガへと切り替わる瞬間が鳥肌ものでした。

フーガの盛り上がりが一段落して再び嘆きの歌が登場した後、

先程のフーガの主題が反行(旋律が上下反転している)であらわれ、

そのまま怒涛のフィナーレへと向かうわけですが、

その切り替わりの刹那の美しさが得も言われぬものがありました。

心が浄化されていくのを感じたんですけど、私の気のせいではないと思います。

 

そして例によって万雷の拍手のあと、やはりおもむろに椅子に座り直し、

そのままハイドンピアノソナタを演奏し始めます。

 

ソナタ61番として知られているこの曲ですが、たいへん短い曲です。

2楽章構成で7分もかかりません。

しかし、そんな小品でも魅力的に聞こえてくるから不思議です。

軽やかな音色なのに荘厳に聞こえてくるハイドンの調べが終りを迎えます。

すると。そこからアタッカでシューベルトを彼は弾き始めました。

観客は拍手をする暇さえ与えられず(笑)。

 

そしてこのシューベルトがすごかった。

何がどうすごいのかと聞かれると「すごいもんはすごい」と言わざるを得ません。

このシューベルトの20番のソナタ、好きなんですよね。

晩年の3つのソナタ(19番~21番)って一括りにされることが多いんですが、

それぞれが個性のある良い作品だな、と私は思ってるんですね。

そのシューベルトの個性あふれる作品と、

シフの演奏との相性が抜群に良かった印象です。

特にフィナーレの歌うような旋律を際立たせた素晴らしい演奏は、

私の涙腺を大いに刺激するものでありました。

 

そしてブラボーとともに圧倒的な音量の拍手が爆発的に起こりました。

 

4曲をほぼノンストップで演奏、たぶん一時間半ほどだと思いますが、

それだけのことをしたわけで、私も「アンコール無いよなあ」と思ってたんですが、

以前の演奏会でソナタ1曲まるまるやってくれた彼のことですから、

淡いながらも期待して拍手をしながらアンコールを待ちます。

 

f:id:hw480401:20170322145048j:plain

 

これが3/21(火)のアンコールです(笑)。

驚きますよね、これ。

あれだけ緊張感と集中力を保った演奏をしたあとでこれですから。

 

 

余談になりますが、実は開演前にアンコールの話を、

一緒に行った友人としていたんですよ。

今回はウィーン楽派中心の楽曲でしたから、

バッハなどのバロックを聴けるとは到底思ってませんでした。

なので私も冗談で、

「アンコールでフランス組曲とかイタリア協奏曲とかやってくれないかなあ」

と言ってたんです。

そしてシューベルトの小品に続いて演奏されたイタリア協奏曲に、

二人して驚き、そして興奮してしまいました(笑)。

イタリア協奏曲、素晴らしかったです。

あれだけの演奏をした後で疲労をほとんど見せること無く、

完璧なバッハを演奏してのけるわけですから、ほんとすごいの一言です。

最初は一楽章のみ演奏して一度ピアノから離れたんですが、

そこから観客の盛大な拍手に導かれるように続けて二楽章と三楽章を演奏して、

私のハートは彼に射抜かれました(笑)。

モーツァルトの有名なソナタK545も一楽章のみでしたが堪能できましたし、

シューベルトの楽興の時も聴きたいと思っていた作品だったので、

これでもう満足、満腹状態だったわけですが、

シフは拍手に押されるようにまたピアノへと向かいます。

あれ?まだアンコールやってくれるのかしら?と思った次の瞬間、

彼は鍵盤のフタをそっと閉じたのでした。

そしてかすかな笑いとともに万雷の拍手に送られてシフは舞台袖へ。

彼のおちゃめな一面を見ることができた瞬間でした。

 

いろいろと言いたいことも多少あることはあったんですが、

そんな感情も公演が終わると同時に霧散していました。

やはり彼の演奏は動画やCDでも良いんですけど、生演奏に勝るもの無しです。

 

しばらくはサー・アンドラーシュ・シフの演奏を聴き続ける日が続きそうです。

GENESIS / Selling England By The Pound 【プログレ古今東西4】

「From Genesis to Revelation(創生期)」や「Trespass(侵入)」といった、

プログレバンドGENESISの、

文字通り創生期に発表されたこの2作のアルバムも傑作ではあるのですが、

私がGENESISでよく聞いているのはその後に発表された、

「Foxtrot」と今作「Selling England By The Pound(月影の騎士)」ですかね。

ああ「Nursery Cryme(怪奇骨董音楽箱)」も聴いてます。

これら5作品とも初期のGENESISを象徴するタイトル群です。

 

Selling England By the Pound

Selling England By the Pound

 

 

GENESISといえばピーター・ガブリエルピーター・ガブリエルといえばGENESIS

とは実はそれほど私は思ってないんですけど(笑)、

人によってはピーター脱退後のGENESISプログレじゃないだの、

そもそもGENESISプログレバンドとして認めてないだの、

ファンやファン以外のところからそういった声も聞こえてくるんですけど、

プログレじゃなかったとしてもいいんじゃない?というのが私の考えです。

音楽としての完成度が高いことは間違いないと思いますし、

そもそもプログレファンを自称する人って、

どうでもいいこだわりみたいなのを持ってる方もいらっしゃるので、

そういう意見は聞かないようにしてますし、聴きたくもありませんし、

聞くに値しないというか、聞くだけ無駄と思ってます。

 

 

ネガティブなことはこのくらいにして。

 

 アルバムの最初の楽曲から漂う初期GENESIS臭も当然心地よいのですが、

アルバム中盤の「Firth of Fifth」「The Battle Of Epping Forest」はヘビロテしてます。

まあ聴き始めると最初から最後までノンストップできき続けたくなるんですけどね。

 

このアルバムは通しで聴いてみると楽しいと思いますので買って聞いて欲しいです。

音楽日記といいつつ、音楽と全く関係ない話

1週間ほどご無沙汰しております。

ヒロユキでございます。

 

えー、仕事が超多忙で、仕事が終わると某ニンテンドーのゲームをやってて、

ブログ書いたりSNS見たりする時間がありません(笑)。

 

定期的にオススメを紹介するブログも今月中旬までは厳しいかと思います。

いつも投稿を楽しみにされている人(がいれば、の話ですがw)、

本当にすいません。

 

春分の日前後くらいに更新します。

Helen Merrill / Helen Merrill with Clifford Brown【ジャズのススメ 24】

ヘレン・メリルの歌声、いいですよね。

このアルバムはジャズを聞き始めた頃からちょくちょく聴いてます。

 

クインシー・ジョーンズがアレンジで参加していることもそうですが、

個人的には、早世のトランペット奏者、

クリフォード・ブラウンの功績が大きい気がします。

 

helen merrill

helen merrill

 

 

このアルバムを選んだのは、

前回演歌のことを書いたことが直接のきっかけです。

ジャズヴォーカルで演歌のような曲ってなんだろう、と考えてて、

ふと思い出したのがこのアルバムの収録曲でした。

 

「ため息」と称されるヘレン・メリルの歌声は、

最初聴いたときにはちょっと違和感があったんですけど、

アルバムを聴き込んでいくうちに、得も言われぬ包容感を持ちました。

 

アルバム最初の曲「Don't Explain」は、

どこか郷愁を感じさせる歌声、音色に感じるんですけど、私だけでしょうね(笑)。

 


Helen Merrill - Don't Explain

 

このアルバムは本当にお勧めです。

一度ジャズヴォーカルというものを聴いてみたいという人にはうってつけかと。

演歌とアレンジのお話

以前このブログで「アレンジのお話」と題して、

いろいろと書かせてもらいました。

 

実は今、1件編曲のお仕事をしています。

お仕事というよりも、古い友人の依頼というべきでしょうか。

もちろんちゃんとしたお仕事なので報酬はいただくことにしています。

 

友人だから、知人同士のことだからという理由で、

無料でそういうことをやる人もいるとは思いますが、

ことお仕事ということであれば対価はもらうようにしてます。

それに見合うだけのものを作れなかったら返納しますし、

いい作品を作ることが出来れば、追加で物品をいただくこともあります。

つまり、需要と供給の関係ということですね(笑)。

 

ま、そんな経済論はさておき。

 

今やっているのはバンドアレンジです。

友人がやっているバンドなのですが、

その友人が作詞作曲をしたものをバンド全体で演奏できるように、

それぞれの譜面(スコア)を作るというのが私のお仕事です。

ドラムスであったりベースやギター、キーボードなど、

それぞれが同時に演奏をしてきちんと音楽になるようにするわけですね。

結構久々にバンドアレンジするので、少し緊張してますが、

明後日までに終わらせなければならないのに、

別の仕事の関係もあってまだ一つも手を付けてません。

いやあ、こまったこまった(笑)。

 

バンドサウンドをバンドたらしめているものは何なんでしょう。

 

ライブハウスなどに行くと大音響で鳴り響くサウンド。

私なんかはああいう雰囲気がとても好きで、

暗く狭いハウスのなかが熱狂と興奮に包まれる中、

つんざくように響くドラムスやギターの音色を聞くと、

得も言われぬ感情がわき上がってくるものです。

 

とはいえ私は今、音楽界からはやや距離を置いており、

音楽を提供する側から提供される側になった人間なのですが。

 

私も一通り音楽大学で教育を受けた人間です。

作曲科という、変人の集まりみたいなところですけどね(笑)。

 

常々ブログや口頭でも言っているんですけど、

音大を優秀な成績で卒業したからといって音楽の道に進めるとは限りませんし、

専門的に音楽を勉強していないからといって音楽ができない訳でもありません。

音楽界の第一線で活躍されている人の多くは、

音楽が大好きで同しようもない人たちの集まりであるような気がします。

 

まあ、そんな一般論はともかく。

 

ようやく本題に入ります(笑)。

 

 

最近ちょくちょく演歌を聴いてるんですよ。

あんまり知られていないことかもしれないんですけど、

演歌の編曲って昔も今もかなり上質なものが多いんです。

(あくまでも私見です)

他の音楽が上質ではないわけじゃなくて、

若い人があまり聞く機会のない演歌でも、いい曲がたくさんあるってことです。

 

作曲家としても編曲家としても尊敬している方のお一人、若草恵さん。

テレビドラマやアニメーションの音楽も数多く手掛けられてますが、

演歌の編曲でもとても素晴らしいものがあるんですよ。

 

演歌歌手である香西かおりさん。名曲はたくさんありますよね。

私が最初に香西さんの歌を聞いたのが「花挽歌」でした。

三木たかしさんの作曲、川村栄二さんの編曲です。

そこから香西かおりさんの歌は結構聞いているんですけど、

玉置浩二さんが香西かおりさんに提供した楽曲というのがあるんですね。

レコード大賞も受賞した「無言坂」、そして「すき」という歌です。

無言坂は前述の川村栄二さんのアレンジなのですが、

「すき」は若草恵さんが編曲を手掛けられています。

 


香西かおり (Kaori Kōzai) / すき

 

この曲がホント好きなんですよ。

紅白で昨年も歌唱されたと思うのですが、その前からずっと好きです。

20年位前の作品ですしね。

 

若草恵さんの編曲で言うと、

小泉今日子さんの「ヤマトナデシコ七変化」や、

アニメ「ロミオの青い空」の主題歌「空へ・・」なども

実は若草さんの手によるアレンジです。

 

美空ひばりさんの名曲「愛燦燦」もそうですね。


愛燦燦 - 美空ひばり

 

この曲、小椋佳さんの作詞作曲ですが、

若草さんのメリハリのあるアレンジが素晴らしくて、聞いててジーンとなります。

 

こうして2つの映像を見てみると、

少し共通するものがあるような気がしませんか?

何かはあえてここでは語りませんが(笑)。

 

演歌もたまには良いものですよ。

日本人の心だね~、なんてことは全く思わないんですが、

それでも胸に来る何かは確かにあるように感じます。

Gravity Daze2を聞く

昨夜、通販で購入したCDが到着しました。

 

GRAVITY DAZE 2 オリジナルサウンドトラック

GRAVITY DAZE 2 オリジナルサウンドトラック

 

 

PlayStation4にて昨月発売されたゲーム「Gravity Daze2」。

5年前にPS Vitaで発売されたものの続編としてリリースされました。

音楽を担当されたのは私の尊敬する音楽家の一人、田中公平さんです。

 

話が前後しますが、

2月20日月曜日の夜に、このサントラ発売を記念した生放送がありました。

ニコニコ動画のプレミアム会員であれば2017年5月頃までタイムシフトで見ることが出来るみたいです。

相当内容の濃い生放送だったので良ければ御覧ください。

 

この生放送で音楽の収録映像を流したりバンドで生演奏をしたりと、

いろいろなことをやってたんですけど、メインとなる企画は、

「作曲者自らが楽曲の解説を行う」というものでした。

 

発売されたばかりのサントラ楽曲を動画で見るってのは本当は嫌なんですけど、

この1曲だけは聞いて欲しいので・・・

 


グラビティデイズ2 BGM 「グラビティデイズ2」

 

この曲「GRAVITY DAZE2」を最初に体験版で聞いた時に、

私の心をスーッと持っていかれるのを感じました。

イントロから「おお、すごい」と思わせてくれる楽曲です。

そのイントロの後、高らかに鳴り響くトランペットソロがまた気持ちいい。

エリック・ミヤシロさんのその音色はパワフルなのに少し柔らかい印象です。

そしてメインテーマがひとしきり奏でられた後に、少し憂いを帯びたメロディが。

ポルトガルの民謡、ファドのエッセンスを意識したそうです。

そこからさらにリズミカルに変わります。公平さん曰く、ここは南米の作曲家であるヒナステラの楽曲を意識しているとのことでした。

そしてまたメインテーマの旋律へと戻っていきます。

 

公平さんご本人は「少し詰め込みすぎたか」という感想でしたが、

わずか2分強の楽曲にこれだけの要素を詰め込んで全く破綻してないことが驚きです。

高揚感を持続させてくれるオープニングです。

 

この1曲だけですでに満腹ではあるのですが、

実はこのサウンドトラック、CD4枚組、計3時間半もの音楽が収録されてます。

どんだけ気合入ってるんでしょうね、公平さんは(笑)。

 

田中公平さん渾身の一作、GRAVITY DAZE2。

ぜひ一度手にとって聞いてみてください。

 

 

追記

ニコニコ動画に生放送のアーカイブ動画があったので。

音楽の収録風景やアーティストインタビューが見られます。

(動画の6:00~あたり)

Mr.Sとの別れ

Mr.S、とその人は呼ばれていました。

 

昨年93歳を迎えられ、毎年のように日本へ来られて、

とても老齢とは思えぬ機敏な動きでオーケストラを指揮されていました。

 

私は彼の指揮で二回ほどブルックナーを聞かせて頂きました。

もともとそれほど聴き込んでいるわけでもなく、

あまり好みではなかった作曲家の一人ではあったのですが、

彼が指揮するブルックナーはとても明快で、

余計なものを一切混ぜていない純粋な音色を聴かせてくれました。

 

もちろんこれは私個人が感じた感想なので、

他の人がどういう感想を持っているのかは分かりません。

 

前にもこのブログで書いたかもしれませんけど、

クラシック好きを自称する方の多くは濁ったフィルターを持っていて、

頑固で意見を曲げようとしないクソジジイが多い印象なので、

Mr.Sの演奏を快しとしない人もきっといらっしゃるはずです。

まあ、そういう人に向けてこのブログを書いてないので、

そんな連中のことなど知ったこっちゃないんですけど(笑)。

 

 

この人の指揮でもっとブルックナーを聴いてみたい。

そう思っていた矢先、Mr.Sの訃報を知ったのです。

 

スタニスラフ・スクロヴァチェフスキ。Mr.Sと呼ばれた孤高の指揮者。

私は彼の演奏をもっと聞いていたいと思いました。

だから訃報に接して残念に思ったのと同時に少し安心した自分もいたんです。

「ああ、これで安らかに過ごすことが出来ますね」と。

 

でも、もう少しだけ彼の音色を聞いてみたかったなあ。

やっぱりさびしいです。