ヒロユキの音楽日記

ありとあらゆる音楽が好きな人。たまにキツい毒をはいたりしますが根はいい奴です。

ドラゴンクエストXIの音楽のこと

ブログの更新が遅れているのは全てこれが理由です(笑)。

すいません・・・

 

さて、一応クリアをしたのでドラクエ11のことを書きます。

 

私はリアルタイムでほぼ全てのドラクエのナンバリングタイトルをプレイしてます。

10についてはオンラインという要素もありましたが、

最後までプレイしていない唯一のタイトルとなってます。

9月にリリースされるNintendo Switch版で復帰するつもりですが、

出来ればボスだけでも倒しておきたいところです・・・

 

11の話でしたね。

ストーリーは本当に素晴らしかったです。

涙流したことも一度や二度ではないですし、

胸につまされるシーンもたくさんありました。

シナリオの完成度は相当高いものだったと思います。

 

そして話題は11の音楽の話なんですけど。

 

実はそれほど琴線に触れた音楽が無かったというのが正直なところです。

音源がしょぼいとか二番煎じとか使い回しが多い、といった、

今回の11に対する音楽の批判もちょくちょく目にしていますが、

そういう面も一概に否定できない部分もあるといえばあります。

船の曲は新曲で聴きたかったよなぁ、とか、

城や街の曲とか過去作の名曲使われてるよなぁ、とか、

そうした感想をプレイしながら思ったことは事実です。

 

ただそうした悪口雑言を全肯定するわけでもないです。

御歳86才を迎えられたすぎやまこういちさんが紡ぐメロディは、

良くも悪くも「これぞドラクエ!!」と言えるものでした。

 

良くも悪くも、なんて書くと、

生粋のドラクエファンからお目玉くらいそうですけど。

 

以前このブログでも書いたかもしれませんけど、

ファンとか信者という視線で音楽を語ることはなるべく避けたい人なんです。

だからできるだけ俯瞰的に音楽を把握したいと思ってるので、

厳しいことも言ってしまいます。

でも、ドラクエの音楽は大好きですよ。他の音楽と同等に。

 

今回の11の音楽、いや9あたりからの音楽でも感じてたんですけど、

「音色にまろみが出てきた」と思ったんです。

ファミコン時代に発売された4作のドラクエの音楽と比較してみると、

鋭角的な音色、とでも言えば良いのでしょうか、

フレーズというかなんというか、

曲のそこここから溢れ出てくる形が「角の取れた丸みのあるもの」に感じるんです。

 

私がすぎやまこういちさんの音楽を意識して聴き始めたのは、

たぶんテレビアニメ「伝説巨神イデオン」が最初だったと思うんですけど、

あのアニメ、そして劇場公開された映画での音楽と、

2000年代に作られたドラゴンクエストの音楽を聴き比べてみると、

鋭い音色というのが少しずつ丸くなってきたように思えてなりません。

 

誤解をしないでもらいたいのは、

そうした丸みのある音が嫌とは思ってないんですよ。

むしろこうした音もドラクエ、すぎやまさんの特徴でもありますし。

きっと私自身の音楽に対する感性も摩耗し衰弱しているのかもしれません。

ただ、私と同じような感想を持っている方も幾人かいらっしゃるようで、

なるほど、私だけじゃないんだなぁ、と感慨深く思ったりもしています。

 

 

ちなみに。

 

ドラクエ113DSの2Dモードでプレイしました。

そして現在は3Dモードでプレイ中、終わったらPS4版へと移行します。

どうやら今回のドラクエ11

音源というか音色はどの機種でもほとんど変わらないということらしいですね。

あの音をBGMにPS4版をプレイしたらまた違った印象かもしれません。

期待しつつ、まだまだ私のドラクエ11ライフは終わらなさそうです。

Bireli Lagrene / Standards【ジャズのススメ 38】

個人的な意見なんですけど、

ビレリ・ラグレーンのギターの音色って好みに個人差がありますよね。

まあ、どのアーティストでも個人差ってあると思うんですけど(笑)

 

最初に彼の演奏を聴いたのはDUETというアルバムでした。

フランスのジャズギタリストであるシルヴァン・リュックとのデュエットで、

Isn't she lovery?などのカバーをしています。

このDUETでのビレリが最初の出会いだったこともあり、

その後で聴いた、彼のアルバムとのギャップに唖然としたのを今でも覚えてます。

それだけDUETでの演奏では、相手に合わせた演奏だったってことなんでしょうね。

 

Standards

Standards

 

 

テクニシャンだけど癖がある、ビレリのギターの音色ですが、

合わない人には全く合わないみたいです。

もともと出自がジプシーってところもあるんでしょうけど。

わたしですか?そりゃ好きですよ。じゃなけりゃここで紹介しません(笑)

 


Biréli Lagrène - Standards (1992) [Full Album]

 

演奏する人される人

社会人になって間もないころ。

音大卒という私の経歴を知った幾人かがこういう要望がありました。

「ねー、何か演奏してみてよ」

音大卒というレッテルだけで音楽のエキスパートであるという錯覚に陥り、

気楽に演奏を要求する人が、巷には大勢いらっしゃいます。

そうした要望に対して気軽に「いいよー」という方もたくさんいらっしゃいますが、

私の場合は、そういう要望に対してあまり良い気がしません。

 

そもそも私自身が演奏スキルに乏しいということもあるにはあるのですが、

例えば「じゃ、何かリクエストしてよ」なんて言葉を返すと、

「うーん・・・なんでもいい」という気のない返事が返ってくることも多いわけです。

そういう人たちって特定の曲が聞きたいというわけじゃなくて、

ただ惰性で演奏を要望しているに過ぎないことを思い知らされます。

つまりはただの興味本位ってことですね。

 

プロの演奏を聴くときはお金を払います。これは当たり前。

マチュアの演奏でも聞きたい曲を聴くときにはお金を払うこともあります。

(無料コンサートというものもありますけどね)

これも当たり前。

演奏を聴くという行為に対して同等の代価を支払うことは、

その演奏家にとって敬意を払うものと同義である、と私は思ってます。

 

まあ、時々海外からの演奏家のコンサートなどの料金を見て、

「うわ、高い・・・」と思うこともしばしばです(笑)。

 

誤解のないように言っておきますけど、

「じゃ、おまえはお金を貰えば演奏するのか」と言われたなら、

「いいえ、演奏しません」と応える場合もありますし、

「演奏します」ということもあります。

その時その時によって意見は変わります。

 

私自身、音大卒ではありますが、

それは奏者としての勉強ではなく、どちらかというと「裏方」の世界への憧れです。

表立って演奏することよりも、作曲や編曲など、

裏方としての印象の強いところでやりたかったんです。

 

結局、夢半ばで破れましたけど・・・

 

なので、私に奏者としてのスキルを要求されることに対して、

あまり嬉しいという感情を持ったことが無いんです。

作曲やアレンジの依頼をされることの方がやっぱり嬉しいんですよね。

今もちょこちょことそうした仕事はさせてもらうことがありますけど、

人前で演奏することよりもそっちのほうが向いているということを実感します。

 

演奏者としての技術を磨いている人たちからすると、

こういう意見は唾棄されるようなものかもしれませんが、

これが自分の正直な気持ちなので仕方ないです。

 

適材適所だと思うんですよ。

奏者として人前で腕前を披露したいという人もいれば、

裏方として奏者を支えることで、音楽に貢献したいと思う人もいます。

私は断然後者側の人間です。

だから、気軽に「演奏して」というのは出来れば控えていただきたいなと。

そういうオファー、ほとんどないですけど(笑)。

JOHN COLTRANE / Impressions【ジャズのススメ 37】

あえて避けてきたんですけど、

そろそろ良いかなと思い、コルトレーンのアルバムのことを書きます。

 

コルトレーンで最初に聴いたのはこのアルバムではなかったんですけど、

現時点で一番聴いているのはたぶんこのアルバムです。

 

 

Impressions

Impressions

 

 

もちろん他のレーベルから出た時代の音楽も好きは好きなんですけど、

ここが彼の黄金期(私の意見です)と思ってます。

何も予備知識を持たないでただ彼のサクソフォンに耳を傾けると、

こことは違う次元へと吸い込まれそうになるのは私だけでしょうか。

私だけですね(笑)。

 


John Coltrane - Impressions (Complete)

バッハのインヴェンションを聴く

最近、バッハをよく聴いてます。

もともと好きな作曲家の一人ではあるのですが、

「大のフーガ(遁走曲)好き」っていうのが大きいかもしれないですね。

 

※フーガとは

複数の楽器等で演奏される場合、

違う声部で同じ音型が順次奏されるものをいいます。

簡単なフーガの例でいうと「かえるのうた」の輪唱ですね。

 

以前に別のブログでも書いたんですけど、

ファミコンディスクシステムで発売された、

ファミコン探偵倶楽部」というアドベンチャーゲームがありまして。

そこでバッハの名曲が使われていたんですよ。

まあ当時私も小学生だったのでバッハの作品とは知らなかったんですけども。

 

その曲が「インヴェンションとシンフォニア」なんですね。

これ、バッハが書いたクラヴィーア曲集なんですけど、とってもいい曲なんです。

ちなみに前述のファミコンゲームで使われているのは、

「2声のインヴェンション」から第13番a-mollですね。

 


J.S.バッハ/インベンション第13番/演奏:中川 京子

 

いい曲です。染み入ります(個人的感想)。

 

 

そしてもう一つの動画を。

当時衝撃的なバッハの演奏でクラシック界を賑わせたピアニスト、

グレン・グールドの演奏です。

 


Invention 13 in A Minor - BWV 784 - Bach by Glenn Gould

 

同じ曲です(笑)。

私自身は楽曲の早さ、あるいは速さについてそれほど気にはしないんですけど、

聞く人が聞くとやっぱりこう思うんでしょうね。「早すぎる」と。

 

音楽って自由なものだと思うんですけど、

ことクラオタと言われる偏屈な方々からすると、

絶対的存在というものがそれぞれあるみたいで、

それとかけ離れた演奏をすると、極端にバッシングをする傾向があります。

曰く、

「受け入れられない」

「音楽として成立してない」

「早く弾けばいいってものじゃない」

そういう意見ももちろんわかるつもりではいるんですが、

生理的に受け付けないとでも言わんばかりに否定するってのもどうなんだろうなぁと。

 

結局その人が好きな演奏家による演奏が至高のもので、

それ以外はクズだと断罪することも厭わないのがクラオタですから、

(断言してしまってますが、私の個人的感想です)

何を言っても意見を覆すことなんてないんでしょうけども(笑)。

 

まあ、ここで批判めいたことを言うのもあれなので。

 

 

 

ファミコン探偵倶楽部の続編、「うしろに立つ少女」でも、

バッハの2声のインヴェンションの1曲が使われています。

こちらは第15番h-mollですね。

 


JS BACH - Two-part Invention No.15 in B minor, BWV 786

 

そしてこちらもグレン・グールド版を。

 


Glenn Gould - Bach, Invention No. 15 in B Minor, BWV 786

 

いい曲です。

 

 

ちなみにゲームとは全く関係ないですが、

私がお気に入りなのは第8番F-durです。

 


Invention 8 Bach by Glenn Gould

 

対位法をちゃんと勉強するなら避けて通れないであろう曲だと、

個人的には思ってます、この「インヴェンションとシンフォニア」は。

実際、学生時代はこのスコアにたくさん書き込みをして分析しまくりました。

演奏は・・・まあ、それなりに(笑)。

 

Benny Green / Live in Santa Cruz!【ジャズのススメ 36】

一度生で彼のピアノを聴いたことがあります。

衝撃的というわけじゃなかったんだけど、

なにかこう、スッと入ってくる音が心地よかった印象でした。

 

アルバムは結構聴いているんですが、

今のところこのアルバムが大好きなんですよね。

 

Live in Santa Cruz

Live in Santa Cruz

 

 

彼のアルバムで最初に聴いたのは、なんだっけ(笑)。

たぶん「These are Soulful Days」だと思います。

それから彼の演奏を追いかけるようになったんです。

日本にもたびたび来日していて、その中の一つのライブに私もお邪魔しました。

色気があるのにシャープな音色。なのにしつこくない。

とんこつラーメンと塩ラーメンを同時に味わえるような、そんな演奏です。

(例えがよくわからないでしょうけどw)

 


Benny Green - Golden Flamingo - LIVE HD

STACKRIDGE / Friendliness 【プログレ古今東西7】

プログレ界のビートルズなど、

英国を代表するバンド、ビートルズの名前を引き合いに出されることが多い、

このスタックリッジというプログレバンド。

私自身はプログレを聴き始めた頃からのファンでもあります。

 

Friendliness

Friendliness

 

 

この2番めのアルバムをよく聴いてます。

First AlbumもThird Albumもちょくちょく聴いてるんですけど、

何かに集中して聴く、というよりも、

どちらかと言えば、何も考えずぼーっとしている時にこそ、

その真価を発揮するのではないか、と個人的に思ってます。

 


Stackridge. 'Lummy Days'