ヒロユキの音楽日記

ありとあらゆる音楽が好きな人。たまにキツい毒をはいたりしますが根はいい奴です。

バッハのインヴェンションを聴く

最近、バッハをよく聴いてます。

もともと好きな作曲家の一人ではあるのですが、

「大のフーガ(遁走曲)好き」っていうのが大きいかもしれないですね。

 

※フーガとは

複数の楽器等で演奏される場合、

違う声部で同じ音型が順次奏されるものをいいます。

簡単なフーガの例でいうと「かえるのうた」の輪唱ですね。

 

以前に別のブログでも書いたんですけど、

ファミコンディスクシステムで発売された、

ファミコン探偵倶楽部」というアドベンチャーゲームがありまして。

そこでバッハの名曲が使われていたんですよ。

まあ当時私も小学生だったのでバッハの作品とは知らなかったんですけども。

 

その曲が「インヴェンションとシンフォニア」なんですね。

これ、バッハが書いたクラヴィーア曲集なんですけど、とってもいい曲なんです。

ちなみに前述のファミコンゲームで使われているのは、

「2声のインヴェンション」から第13番a-mollですね。

 


J.S.バッハ/インベンション第13番/演奏:中川 京子

 

いい曲です。染み入ります(個人的感想)。

 

 

そしてもう一つの動画を。

当時衝撃的なバッハの演奏でクラシック界を賑わせたピアニスト、

グレン・グールドの演奏です。

 


Invention 13 in A Minor - BWV 784 - Bach by Glenn Gould

 

同じ曲です(笑)。

私自身は楽曲の早さ、あるいは速さについてそれほど気にはしないんですけど、

聞く人が聞くとやっぱりこう思うんでしょうね。「早すぎる」と。

 

音楽って自由なものだと思うんですけど、

ことクラオタと言われる偏屈な方々からすると、

絶対的存在というものがそれぞれあるみたいで、

それとかけ離れた演奏をすると、極端にバッシングをする傾向があります。

曰く、

「受け入れられない」

「音楽として成立してない」

「早く弾けばいいってものじゃない」

そういう意見ももちろんわかるつもりではいるんですが、

生理的に受け付けないとでも言わんばかりに否定するってのもどうなんだろうなぁと。

 

結局その人が好きな演奏家による演奏が至高のもので、

それ以外はクズだと断罪することも厭わないのがクラオタですから、

(断言してしまってますが、私の個人的感想です)

何を言っても意見を覆すことなんてないんでしょうけども(笑)。

 

まあ、ここで批判めいたことを言うのもあれなので。

 

 

 

ファミコン探偵倶楽部の続編、「うしろに立つ少女」でも、

バッハの2声のインヴェンションの1曲が使われています。

こちらは第15番h-mollですね。

 


JS BACH - Two-part Invention No.15 in B minor, BWV 786

 

そしてこちらもグレン・グールド版を。

 


Glenn Gould - Bach, Invention No. 15 in B Minor, BWV 786

 

いい曲です。

 

 

ちなみにゲームとは全く関係ないですが、

私がお気に入りなのは第8番F-durです。

 


Invention 8 Bach by Glenn Gould

 

対位法をちゃんと勉強するなら避けて通れないであろう曲だと、

個人的には思ってます、この「インヴェンションとシンフォニア」は。

実際、学生時代はこのスコアにたくさん書き込みをして分析しまくりました。

演奏は・・・まあ、それなりに(笑)。

 

Benny Green / Live in Santa Cruz!【ジャズのススメ 36】

一度生で彼のピアノを聴いたことがあります。

衝撃的というわけじゃなかったんだけど、

なにかこう、スッと入ってくる音が心地よかった印象でした。

 

アルバムは結構聴いているんですが、

今のところこのアルバムが大好きなんですよね。

 

Live in Santa Cruz

Live in Santa Cruz

 

 

彼のアルバムで最初に聴いたのは、なんだっけ(笑)。

たぶん「These are Soulful Days」だと思います。

それから彼の演奏を追いかけるようになったんです。

日本にもたびたび来日していて、その中の一つのライブに私もお邪魔しました。

色気があるのにシャープな音色。なのにしつこくない。

とんこつラーメンと塩ラーメンを同時に味わえるような、そんな演奏です。

(例えがよくわからないでしょうけどw)

 


Benny Green - Golden Flamingo - LIVE HD

STACKRIDGE / Friendliness 【プログレ古今東西7】

プログレ界のビートルズなど、

英国を代表するバンド、ビートルズの名前を引き合いに出されることが多い、

このスタックリッジというプログレバンド。

私自身はプログレを聴き始めた頃からのファンでもあります。

 

Friendliness

Friendliness

 

 

この2番めのアルバムをよく聴いてます。

First AlbumもThird Albumもちょくちょく聴いてるんですけど、

何かに集中して聴く、というよりも、

どちらかと言えば、何も考えずぼーっとしている時にこそ、

その真価を発揮するのではないか、と個人的に思ってます。

 


Stackridge. 'Lummy Days'

Lee Konitz / INSIDE Hi-Fi【ジャズのススメ 35】

リー・コニッツのサックスの音色、時々無性に聞きたくなるんです。

彼の名盤ともいえる一作「Motion」も当然良いんですけど、

けだるい時や何かにぶつかっている時なんかに聴きたくなるのは、

名盤ではなく今回紹介するアルバム「Inside Hi-Fi」です。

 

Inside Hi-Fi

Inside Hi-Fi

 

 

アルバム最初に収録されている「Kary's Trance」がほんといいです。

チャーリー・パーカーなどの、

どちらかと言うと明るい音色とは一線を画しているアダルトな感じ。

天才チャーリーの音色も当然良いんですけど、

こうした冷徹、というか理知的な音色というのを欲することもあります。

 


Lee Konitz,,,, KARY'S TRANCE,, 1956

ゲームの音楽とオーケストラの親和性について

最近SNSを見てて思うところを書いてみようと思います。

 

ゲームの音楽の演奏会が本当にたくさん出てくるようになりました。

私はそのほとんどに行ってないんですが(笑)、

興味がわくものについては重い腰を上げるようにしています。

興味がわいても、その演奏会で「内輪感」を感じるものは行きません。

 

残念ながら、これまで数多くのゲームの音楽の演奏会に行って、

アレンジが秀逸だな、と思ったことはほとんどありません。

音楽の専門的な知識を有していようとなかろうと、

こればっかりは私のセンスに起因するところなのでどうしようもないことです。

アレンジが下手というわけじゃないんです。ただ、気に食わない(笑)。

 

そしてその演奏会の大半がオーケストラやブラスバンドなど、

割りと大きめな編成での演奏というのが主流となっているようです。

 

 

ここではたと考えました。

なんでゲームの音楽の演奏会って、

クラシック音楽の演奏会と似たような編成なんだろう、と。

 

いわゆるゲーム内で流れる音を「原曲」とします。

この原曲に思い入れが強い方々のことを俗に「原曲厨」と呼ぶのだそうです。

ゲームの音楽が好きな人たちというのは、こうした原曲厨が結構多いのだそうです。

リズムや調性などが原曲と違っていることに快しとしない人ってことですね。

つまりは、原曲に忠実に演奏することが求められることが多いジャンルともいえます。

 

かたやクラシック音楽を考えてみましょう。

重度なクラオタでもない限りはそれほど気にしないんでしょうけど、

クラシックも楽譜の記載を忠実に奏することが求められやすいジャンルです。

指揮者やオケによって音色が変わることがあっても、

楽譜が絶対的な権力を有していることに変わりはありません。

 

そうなんです。

オーケストラという媒体は、こうした「忠実に演奏する」ことに長けているわけです。

ジャズなどのような即興演奏が入り込む余地があまり見込めません。

ゲームの音楽もクラシックも、いかに原曲に寄せて演奏するかを問われます。

 

だからなのかもしれませんけど、

ゲームの音楽を演奏する方々の多くはクラシックにも造詣が深い方が多いですし、

その逆も又然り、といえます。(当社比)

 

私はどちらかと言うとアドリブなどの即興演奏が好きですし、

アレンジが大胆に施されているものをより好む傾向が強いのですが、

だからといってもクラシックもゲームの音楽も嫌いではありません。むしろ好きです。

でも、一度ジャズテイストの強いゲーム演奏ってのもピアノ一本でやっていいんじゃないか、って思うことがあります。

私が演奏しても良いんですけど、もっと上手い人がいるのでそちらに任せます(笑)。

 

 

※今回の文章はふとした思いつきで書いていますので、

いろいろと思うところはあると思いますが、酔っぱらいの世迷い言程度に思ってもらえるとありがたいです。

ガーシュウィンのピアノコンチェルト

ロックライブだったりクラシックのコンサートだったり、

いろいろと生演奏を堪能しまくっている私ですが、

実はまだガーシュウィンのピアノ協奏曲を生で聞いたことがありません。

 

アメリカの作曲家、ジョージ・ガーシュウィン

ラプソディ・イン・ブルー、パリのアメリカ人など、

今でも幅広く演奏される機会の多い演目はよく知られているのですが、

このピアノ協奏曲ってあまり演奏されていない印象です。

 

このピアノ協奏曲もそうですし、ラプソディ・イン・ブルーもですけど、

ガーシュインが若い頃、20代で作曲したものです。

オーケストレーションも荒削りな印象ですが、魅力に溢れた名曲だと思います。

 


George Gershwin Piano Concerto in F major Wang Yuja - HD

 

ピアノとオーケストラのためのコンチェルトなのですが、

聴く限りはシンフォニック・ジャズといったおもむきの音楽です。

アメリカ音楽大好きな私には魅力しか見当たりません(笑)。

全部聞きどころですが、二楽章、最終楽章はかなりヤバイです。

 

 

ちなみにこの曲、日本が誇る指揮者のお一人である小澤征爾さんも指揮されてます。

盲目のピアニスト、マーカス・ロバーツのトリオをオケに招いて、

かなりジャズ調にシフトしたアレンジが施されたピアノ協奏曲となってますが、

こちらもかなり良いです。音源が無いのでCDだけ紹介しときます。

 

ガーシュウィン:ピアノ協奏曲 ヘ調

ガーシュウィン:ピアノ協奏曲 ヘ調

 

 

Dead End in Tokyo European Edition

マンウィズ(Man with a Mission)の楽曲はずっと聴いてます。

ライブにも2回ほど行きました。

 

今回、Dead End in Tokyoというシングルは購入してたんですよ。

んで、配信で同シングルのEuropean Editionというのが出たんですね。

私も配信版購入しました。

というかGoogle Play Musicなんで月額定額なんですけど(笑)。

 

いやぁ、相変わらずかっこいいですよね。

このEuropean Editionってタイアップ曲が多めなので、

テレビとか映画、アニメ好きな人にも吸引力のあるラインナップですし。

マンウィズあまり聞いたことが無い人にもうってつけです。

 

彼らのサウンドに何故こうも魅了されるんだろう、と自問自答してるんですけど、

未だに答が分かりません。かっこいいから、ってだけじゃないんでしょうね。

洗練されたかっこよさもありつつ、泥臭いところもあって、

見た目でキワモノバンドみたいな風に思って聴くと、

見事に足元をすくわれてしまうくらいにいい曲が多いんですよ。

 

ロック好きならぜひ聞いて欲しいです。