音楽つれづれ日記

ありとあらゆる音楽が好きな人。特にジャズが好き。たまにキツい毒をはいたりしますが根はいい奴です。

Incidental Music Vol.77

今年のNHK大河ドラマ麒麟がくる」、毎週楽しみに見てます。

放映前にひと悶着ありましたけど(笑)

 

今回「麒麟がくる」の音楽を担当しているのがジョン・グラムさんです。

お名前は以前から存じ上げていましたが、

どちらかというと作曲よりも編曲の分野で活躍されている方です。

楽曲のオーケストレーションとかやってるんですよ。

だから今度の大河ドラマで音楽担当になると聞いた時、ちょっとワクワクしてました。

 

大河ドラマで海外の作曲家が音楽を担当した例でいうと、

有名なのはエンニオ・モリコーネの「武蔵」が有名ですかね。

たしか2003年だったと思いますけど、評価はかなり悪かったみたいですね。

私は好きでずっと見てたんですけど・・・

 

NHKの公式Youtubeチャンネルで「麒麟がくる」のオープニングが見られるんですが、

ジョン・グラムさんはこの音楽を作るにあたって、

これまでの大河ドラマの音楽をかなり研究されたんだそうです。

サウンドとしては少しアメリカ映画っぽい印象もありますが、

勇壮なメインテーマにあのオープニング映像がマッチしていると思います。

 

 

参考:「麒麟がくる」オープニング映像

https://www.youtube.com/watch?v=UckZsPuG-ZY