音楽つれづれ日記

ありとあらゆる音楽が好きな人。特にジャズが好き。たまにキツい毒をはいたりしますが根はいい奴です。

現代音楽を聞く 特別編


藤倉大作曲、「春と修羅」、映画「蜜蜂と遠雷」"Spring and Asura" - Dai FUJIKURA (for the movie "LISTEN TO THE UNIVERSE".

 

先日見てきた映画「蜜蜂と遠雷」。

その予選で使われたとされる「春と修羅」という曲。

作中では、ベテラン作曲家である菱沼忠明の手によって、

いろいろな事情を経て作曲されたもの、となっています。

 

この辺りの事情は、原作者である恩田陸さんが書かれた、

公式の続編(短編集)「祝祭と予感」を読まれるとわかると思います。

 

で、映画版の「春と修羅」については、

イギリス在住の作曲家、藤倉大さんの手で作曲されました。

上に挙げた動画は、藤倉さんご本人が公式にUPされているもので、

音源の一部が試聴できます。それがとても私好みの音楽だったんです。

 

mitsubachi-enrai-movie.jp

 

四人のコンテスタントそれぞれの演奏を収録したCDも販売されています。

私も全部購入させていただきました。

春と修羅」のそれぞれのカデンツァ(即興演奏)も存分に聞けます。

そして、この曲の楽譜も販売されているみたいですね。

だれか買って演奏してくれないかしら、と期待しつつ、

私も密かに購入して、挑戦してみようかと画策するかもしれません。

 

 

なんだか映画の宣伝みたいになってしまいましたが(笑)、

実際の映画の感想もこのブログで書かせていただきました。

(ネタバレ注意)

 

hw480401.hatenablog.com

 

少しでもこの曲の魅力が伝わってCDが売れることを願いつつ。