音楽つれづれ日記

ありとあらゆる音楽が好きな人。特にジャズが好き。たまにキツい毒をはいたりしますが根はいい奴です。

Incidental Music Vol.66 (の続きのつづき)

 

hw480401.hatenablog.com

 

この続きです。

 

大草原の小さな家ブッシュベイビー」ですが、

主題歌についてはいろいろといわくがございます。

信憑性のある情報がないので、私も確かなことは言えないのですが、

これまでの世界名作劇場では、

「主題歌は最後まで変更しない」という不文律のようなものがありました。

それがこのブッシュベイビーで破られたわけです。

前期OP主題歌「APOLLO」は谷村新司さんの作詞作曲で、

男性ボーカル(沢靖英さん)が歌われました。

 


ブッシュベイビー OP主題歌1 『APOLLO(アポロ)』

 

編曲は佐孝康夫さん。

あまりなじみのないお名前かもしれませんが、

CM音楽では知らない人はいないともいわれる音楽家のお一人です。

谷村新司さんの「三都物語」(昨日、今日、あ~す~♪)の編曲や、

武田鉄矢さんの「少年期」(ドラえもんの映画主題歌)の作曲などが有名ですかね。

 

で、「APOLLO」ですが賛否両論がありました。

世界名作劇場らしからぬ荘厳な曲調と男性ボーカルというのが、

冒険しすぎじゃないかという意見があったようです。

直接的な原因はわからずじまいですが、結局主題歌が変更されます。

主役のジャッキー役の声優、岡本麻弥さんの歌う「微笑でプロローグ」がそれです。

 


ブッシュベイビー OP主題歌2 『微笑でプロローグ』

 

作曲は岸正之さん。

私としては、南野陽子さんの「話しかけたかった」の作曲の方です。

80年~90年代の歌謡曲、というイメージですね。

そして編曲は信田かずおさん。

前回ご紹介した、私のあしながおじさんのOPとEDの編曲も実は信田さんです。

謡曲、アニソンだけではなく、

CMや映画などでも活躍されている大ベテランの編曲家のお一人です。

私も随分分析させていただきました。

 

どっちが好き、あるいは嫌いという話はしたくはないのですが、

個人的にはどちらもよい歌だと思います。

世界名作劇場としてどちらがあっているかという意見については、

私はどちらにも与する気はありません。

 

フジテレビ系列の地上波では「家なき子レミ」で終了した世界名作劇場ですが、

BSフジでおよそ10年ぶりに復活します。

レ・ミゼラブル 少女コゼット」

ポルフィの長い旅

こんにちはアン~Before Green Gables」

以上3作が放送され、2009年をもって完全にシリーズは終了となった模様です。

 

この3つ、どれも好きなんですけど、

主題歌で一つあげるとすると「ポルフィの長い旅」ですかね。

 

 

作曲編曲を担当したのは多田彰文さん。

多田さんというと、私は音楽制作会社イマジンの人というイメージです。

厳密にいうと、田中公平さんの楽曲のアレンジャーという印象が強いです。

なので、多田さんの作曲したこの主題歌がとても強烈に残りました。

アレンジャーとしての印象が強い人が作曲をすると、

少しもやっとした曲が多い感じを受けることが多いんですよ。

アレンジはすごくいいのに、曲が残念といえばいいんでしょうか。

 

この「ポルフィの長い旅」という(タイトルと同名)曲は、

多田さんのアレンジャーとしての力量を十二分に感じるとともに、

印象的なサビのメロディと少し異国の調べを思わせる編曲で、

とても良い曲となっているように私は思いました。

 

なぜこのアニメを地上波で放送しなかったのか(笑)

いろいろな大人の事情はあるんでしょうけど・・・

 

日曜の夜に世界名作劇場を放送しなくなって久しいですが、

出来ればこの素晴らしいアニメシリーズを復刻してほしいところです。

アニメ供給過多が叫ばれる昨今、

良質なアニメを作り続けることに難しい時代となった現代ですが、

それでも世界には埋もれた原作がごまんとありますから、

いつかどこかで見られる日が来ることを祈りつつ、

私は「世界名作劇場の主題歌集」を日々聞き続けようと思います。