音楽つれづれ日記

ありとあらゆる音楽が好きな人。特にジャズが好き。たまにキツい毒をはいたりしますが根はいい奴です。

Incidental Music Vol.60

昨晩Eテレで放送された「クラシック音楽館」。

私も時間のある時は必ず見るようにしている番組です。

 

昨日はロスアンゼルスフィルハーモニー管弦楽団による、

ジョン・ウィリアムズの映画音楽の演奏が行われました。

指揮を担当したのは、今や世界的な活躍をしているグスターボ・ドゥダメル

演奏も素晴らしかったですし、内容も申し分ないものでした。

とはいえ、実はこのコンサートのCDが出ていて、

すでに持っていたんですけどね(笑)

 

私と映画音楽とは切っても切れない関係です。

映画音楽に育てられたといっても過言ではないでしょう。

そのくらい大量に映画音楽を聞き続けています。

ホラー映画は苦手なので、映画本編は見てないですけどサントラは持ってます(笑)

 

昨日のコンサートでうれしかったのが、

私が見た映画の中でもベスト10に入るくらい好きな、

スティーブン・スピルバーグ監督の「HOOK(フック)」の演奏があったことです。

なかなか私の周りではこの映画好きという人と出会えてないんですけど・・・

(フック好きな人はぜひご一報を。ごはんおごりますw)

 

映画本編ももちろんなんですけど、

この映画の付随音楽もかなり素晴らしい出来です。

サントラなんてもうこの20年ほどで何回聞いたことかわからないくらいです。

 


John Williams - Suite from Hook - Boston Symphony

 

映像はジョン・ウィリアムズ自身がボストン交響楽団を指揮した、

映画「HOOK」の演奏映像です。

特に最後の曲「ネバーランドへの飛行」は本当に大好きです。

 

いろいろと語りたいことはあるんですけど、

ここではそれらを封印して、ただ音を聞いてほしいです。

そして気になった人はぜひ映画を見てみてほしいです。