音楽つれづれ日記

ありとあらゆる音楽が好きな人。特にジャズが好き。たまにキツい毒をはいたりしますが根はいい奴です。

Incidental Music Vol.59

ようやく昨日から連休です。

明日から実家である神戸に帰省する予定。

 

で、昨日、WOWOWを見てたら、

アニメ監督の高畑勲さんの特集をやっていました。

赤毛のアン」のテレビ版総集編の映画と、

じゃりン子チエ」の映画を放送していたんです。

 

よくよく考えてみたら、

人生の節目節目で、高畑監督の作品を見ていたような気がします。

おもひでぽろぽろ」や「火垂るの墓」もそうですけど、

関西にいるころにずっと見ていた「じゃりン子チエ」は、

映画版よりもテレビアニメ版の印象が強いんですよ。

 

大阪キー局のMBS毎日放送)が製作していた「じゃりン子チエ」を、

私が幼少期からずっと事あるごとに再放送していました(笑)。

もともと小学生のころは今よりもずっと漫画ばかりみていた時代だったので、

はるき悦巳さん原作の「じゃりン子チエ」も愛読していました。

大人向けの漫画だったので、当時はほとんど理解できませんでしたけどね。

 

 

このテレビアニメ版のオープニング主題歌、

「バケツのおひさんつかまえた」は、

再放送で何百回と聞いた曲なので、歌詞も曲も耳について離れないんですが、

それもそのはず、この曲の作詞が原作者自身だったんですから。

はるき悦巳さんのセンス、すごいなぁと今になって思います。

作曲者は複数いらっしゃいますが、メイン作曲者は惣領泰則さんですね。

この曲もそうですけど、

海援隊の「贈る言葉」のアレンジャーとして私もお名前は当時から存じていました。

アレンジャーとして意識しだしたのはもう少し後からになりますけどね。