音楽つれづれ日記

ありとあらゆる音楽が好きな人。特にジャズが好き。たまにキツい毒をはいたりしますが根はいい奴です。

HOD O'BRIEN / BITS AND PIECES【ジャズのススメ 97】

ホッド・オブライエンのジャズピアノは上品だ。

そういう人が周りで多いです。特に我が友人はそう言ってます。

私も同じ意見ではあるのですが、

上品というよりは調った音という印象が強いんですよね。

 


Hod O'Brien Trio (Teddy Kotick & Jimmy Wormworth) - Through The Smoke (1982)

 

彼の初めてのリーダーアルバムであるこの「BITS AND PIECES」は、

私が若かりし頃に聞いたアルバムの一つです。

ソニー・ロリンズの「サクソフォンコロッサス」でジャズに目覚めた私は、

このオブライエンのアルバムでさらにジャズに耽溺することになりました。

私にとってはジャズの恩人の一人ともいえるわけですが、

このアルバム、発売当初はかなり希少価値が高いものだったそうで、

再版されるまでは幻のアルバムとも称されていたのだそうです。

 

紹介している「Through The Smoke」もかなり好きなのですが、

アルバム標題曲である「BITS AND PIECES」も擦り切れるほど聞きました。

(↓紹介している動画はVERSIONが違うものです)

 


Bits And Pieces

 

聴きやすいジャズ、というと語弊がありますが、

そんな言葉がピタリとはまる、そんなアルバムだなと私は思ってます。

 

再版されたこのアルバム、ぜひ購入して聞いていただきたいです。

 

 

ホッド・オブライエンのBITS AND PIECES (ジャズCD)のページ、jazzyell.jp