音楽つれづれ日記

ありとあらゆる音楽が好きな人。特にジャズが好き。たまにキツい毒をはいたりしますが根はいい奴です。

Incidental Music Vol.12

ハワード・ショアといえばロードオブザリングなんですけど、

私の中では「BIG」という映画なんですよね。

今から30年前の映画なんですけど、いまだに大好きな映画の一つです。

 


Big (1988) - Playing the Piano Scene (2/5) | Movieclips

 

あらすじはネタバレになるので書きませんが、

トム・ハンクス演じるジョッシュと、

ロバート・ロッジア演じるマクミランとの有名な足でピアノを演奏するシーン。

ここで前半に演奏されているのが「Heart and Soul」という名曲なんですね。

原曲はホーギー・カーマイケルの名曲なんですけど、

それが時を経てこうして映画のメインテーマとして使われるのはうれしい限りです。

この辺りはハワード・ショアの手腕によるところが大きいんでしょうね。

 


Goodbye - Big (1988)

 

ベタなことは承知ですけど、このラストの曲は涙なくして聞けないです。

映画もとても素晴らしいものなので、見てない方はぜひとも。