ヒロユキの音楽日記

ありとあらゆる音楽が好きな人。特にジャズが好き。たまにキツい毒をはいたりしますが根はいい奴です。

辻井さん

ピアニストの辻井伸行さんのアルバムを聞いてます。

ベートーヴェンピアノソナタ集。

「悲愴」「月光」「熱情」というべたべたにベタな選曲です。

 

ベートーヴェン:《悲愴》《月光》《熱情》

ベートーヴェン:《悲愴》《月光》《熱情》

 

 

クラシックのアルバムは定期的に聞いてます。

avexがクラシックアルバム出してるってところに得も言われぬ感情はありますが。

でもまあ、このアルバム好きです。

 

辻井伸行さんの演奏は生でも2、3回聞いてます。

彼の演奏を聴くには平均以上の金額を支払わねばなりません。

それが、私をして彼の音楽から遠ざけている一因となってます。

それだけ辻井さんの名声が飛躍的に伸びたことの証でもあるわけで、

そういう意味でいうとすごいピアニストになったのだなぁ、と思います。

 

でも、アルバムはともかく、あのリサイタルの料金設定はおかしい(笑)。

 

ベートーヴェンピアノソナタ集といえば、

バッハの「平均律クラヴィーア」を旧約聖書と呼ばれるように、

このソナタ集は新約聖書と呼ばれるほど、

ピアニストにとってはバイブルのようなピアノ曲集です。

中でも「悲愴」の第2楽章や「月光」の第1楽章は有名ですよね。

辻井さんの音色は、独特と言われるとそうでもなく、

平凡と言われるとそうでもない、そんな音色だと私は思っています。

それは中途半端、という意味ではなく、

辻井伸行という個性として完成された音である、ということですね。

 

ぐちゃぐちゃ言いましたけど、要するに聞けってことです(笑)