ヒロユキの音楽日記

ありとあらゆる音楽が好きな人。たまにキツい毒をはいたりしますが根はいい奴です。

Lee Konitz / INSIDE Hi-Fi【ジャズのススメ 35】

リー・コニッツのサックスの音色、時々無性に聞きたくなるんです。

彼の名盤ともいえる一作「Motion」も当然良いんですけど、

けだるい時や何かにぶつかっている時なんかに聴きたくなるのは、

名盤ではなく今回紹介するアルバム「Inside Hi-Fi」です。

 

Inside Hi-Fi

Inside Hi-Fi

 

 

アルバム最初に収録されている「Kary's Trance」がほんといいです。

チャーリー・パーカーなどの、

どちらかと言うと明るい音色とは一線を画しているアダルトな感じ。

天才チャーリーの音色も当然良いんですけど、

こうした冷徹、というか理知的な音色というのを欲することもあります。

 


Lee Konitz,,,, KARY'S TRANCE,, 1956