読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒロユキの音楽日記

ありとあらゆる音楽が好きな人。たまにキツい毒をはいたりしますが根はいい奴です。

清志郎さん

忌野清志郎さんが亡くなられて今日で八年だそうです。

 

私の中ではRCサクセションの印象が強いんですよね。

雨上がりの夜空に、デイ・ドリーム・ビリーバーなど、

今でも語り継がれるほどの名曲がたくさんありますけど、

私が時折無性に聞きたくなるのは、

この矢野顕子さんとのコラボで歌われた「ひとつだけ」です。

 


ひとつだけ 矢野顕子×忌野清志郎

 

もともと矢野さんの楽曲は、

最初に出会ったアルバム「SUPER FOLK SONG」から、

遡ったり、もしくは時代を追うように聴き続けているくらい好きなアーティスト。

この曲「ひとつだけ」ももちろん曲の存在は知っていました。

 

忌野清志郎さんと歌われている矢野さんが、

とても嬉しそうにピアノを弾かれている姿を見ると、

この曲の真価ってこの忌野さんとのコラボで発揮されたのかもな、

と勘ぐってみたりしているんですけど。

 

もともとの曲も大好きなんですが(笑)。

 

この二人のコラボバージョンを無性に聞きたくなる理由。

私にも正確なところは分かりません。

名曲はどうやっても名曲である、とは思いませんし、

名曲を駄作にさせた人たちも腐るほどいます。

 

ただ、このコラボは涙がでるほど大好きです。

 

ただそれだけです。

 

 

 

蛇足ながら。

ライブバージョンはより一層泣けます。

 


【Live】 忌野清志郎 × 矢野顕子 「ひとつだけ」 2006