ヒロユキの音楽日記

ありとあらゆる音楽が好きな人。たまにキツい毒をはいたりしますが根はいい奴です。

Bud Powell / The Genius of Bud Powell 【ジャズのススメ 3】

この音源が、私とバド・パウエルとの出会いでした。

 

Genius of Bud Powell

Genius of Bud Powell

 

 超絶技巧と呼ぶのも笑ってしまうくらいに驚きの演奏を披露しています。

アノトリオという形式の祖でもありますね。

バド・パウエルときくと多くの人が「クレオパトラの夢」を想像するのでしょうけれども、

私はこちらのアルバムの「Tea for Two」を想像してしまいます。

 

とりあえず聞いてみましょう。


Bud Powell plays Tea For Two

 

超絶的にかっこいいです。

いうことは他にもあるんですけど、

この演奏を聞いていると何を言っても蛇足な気がします。

うしろで唸り声みたいなのが聞こえると思いますけど、

この唸り声を伴う演奏こそがバド・パウエルです(笑)

彼の絶頂期の演奏なのですが、

この後は体調を崩したりして、この演奏のような輝きは失われていきます。

とはいえ、私はこの後の彼の演奏も嫌いではないんですが、

40年代後半から50年代にかけての彼の絶頂期ともいえる時期の演奏は、

荒々しくも神々しい、という形容がピタリとはまるものだと私は思ってます。

 

 

あ、あと、このアルバムの収録曲ではないんですけど、

この曲も大好きなので紹介だけさせてください。

Un Poco Locoです。


Un Poco Loco

 

説明は不要です。

ただ、彼の音色を感じてください。