ヒロユキの音楽日記

ありとあらゆる音楽が好きな人。たまにキツい毒をはいたりしますが根はいい奴です。

ジャズ

gene ammons / boss tenor【ジャズのススメ 49】

ジーン・アモンズ、日本での知名度はかなり低いらしいです。 大好きなんですけどね。 Boss Tenor アーティスト: Gene Ammons 出版社/メーカー: Ojc 発売日: 1991/07/01 メディア: CD この商品を含むブログ (1件) を見る このアルバムに参加しているドラムス…

Back To The APPLE / Count Basie Orchestra【ジャズのススメ 48】

今年の二月に来日したカウントベイシーオーケストラ。 私も聞きに行ったんですよね、これ。 というのも、この曲が大好きなんです。 Count Basie - Back to the Apple - Live in Sweden 1962 (new in sync!) もともとカウント・ベイシー自身も大好きでしたけ…

Hope-Full / ELMO HOPE【ジャズのススメ 47】

数多くのプレイヤーと共演して名をはせたエルモ・ホープ。 天才といわしめた彼の演奏、実はあまり聞いていません。 ここ最近でようやくアルバム全部聞いたんですけど、 彼の奥さんであるベルタ・ホープとのデュオを含めた、 彼のピアノを堪能できるこのアル…

Andreas Dreier Trio / But Not For Me【ジャズのススメ 46】

ごく最近のジャズプレイヤーのアルバムも積極的に聞いています。 このアンドレアス・ドライアー・トリオもそんな中の一つです。 北欧のジャズってあまり耳なじみがなかったこともあって、 一度聞いてみたんですが、その渋さに惚れました。 But Not for Me -D…

Nikolai Kapustin / Kapustin Plays Kapustin - A Jazz Portrait【ジャズのススメ 45】

ジャズのことを語る上で、カプースチンを取り上げるのは、 賛否両論あるかと思うんですが、 私はそういう垣根みたいなものを作るのが嫌なので、 今回はあえてこちらのCDを取り上げてみます。 Kapustin Plays Kapustin - A Jazz Portrait アーティスト: Nikol…

Dave Koz / Saxophonic【ジャズのススメ 44】

デイヴ・コーズのアルバム、ここ数年継続して聴き続けてます。 中でもこの「サクソフォニック」というアルバムは、 ファンクな印象を強く押し出した佳作と思ってます。 Saxophonic アーティスト: Dave Koz 出版社/メーカー: Capitol 発売日: 2007/08/24 メデ…

上原ひろみ / Spiral【ジャズのススメ 43】

私の後輩、っていうとおこがましいんですけど、 同じ学び舎で学んだもの同士のある種の連帯感みたいなものは感じてます。 ちなみに彼女は首席卒業でしたけど、私は首席とは程遠かったです(笑)。 そんなこともあって彼女のアルバムはほとんど聴いてます。 …

STAR DUST / LIONEL HAMPTON ALL STARS【ジャズのススメ 42】

ライオネル・ハンプトンのこのアルバム、 たぶん私がジャズを聴き始めた頃に聴いたものです。 ソニー・ロリンズのサキソフォン・コロッサスと、 この「スターダスト」は、私のジャズのベースとなっているアルバムです。 今でも2強って呼んでます。 うそです…

The Cannonball Adderley Quintet / Them Dirty Blues【ジャズのススメ 41】

ジャズをかじったことのある方なら、 きっと一度は耳にしたことのあるアルバム、というものが、 実は数多く存在しています。 このキャノンボール・アダレイのアルバムもそのひとつです。 Them Dirty Blues アーティスト: Cannonball Adderley 出版社/メーカ…

Charlie Mariano / Not Quite a Ballad【ジャズのススメ 40】

チャーリー・マリアーノのサクソフォンの音色って、 とっても渋いっていう印象が強いです。 質実にして堅牢、些細なスキさえ見当たらない演奏。 最初に聴いたときの印象は、 このアルバム「Not Quite a Ballad」を聴いても感じることができます。 Not Quite …

Woody Shaw / United【ジャズのススメ 39】

ゲイリー・バーツが参加しているアルバム、 ということで最初聴き始めたんです、実は。 それがもう大当たりでした。 United アーティスト: Woody Shaw 出版社/メーカー: Wounded Bird Records 発売日: 2011/02/08 メディア: CD クリック: 7回 この商品を含む…

Bireli Lagrene / Standards【ジャズのススメ 38】

個人的な意見なんですけど、 ビレリ・ラグレーンのギターの音色って好みに個人差がありますよね。 まあ、どのアーティストでも個人差ってあると思うんですけど(笑) 最初に彼の演奏を聴いたのはDUETというアルバムでした。 フランスのジャズギタリストであ…

JOHN COLTRANE / Impressions【ジャズのススメ 37】

あえて避けてきたんですけど、 そろそろ良いかなと思い、コルトレーンのアルバムのことを書きます。 コルトレーンで最初に聴いたのはこのアルバムではなかったんですけど、 現時点で一番聴いているのはたぶんこのアルバムです。 Impressions アーティスト: J…

Benny Green / Live in Santa Cruz!【ジャズのススメ 36】

一度生で彼のピアノを聴いたことがあります。 衝撃的というわけじゃなかったんだけど、 なにかこう、スッと入ってくる音が心地よかった印象でした。 アルバムは結構聴いているんですが、 今のところこのアルバムが大好きなんですよね。 Live in Santa Cruz …

Lee Konitz / INSIDE Hi-Fi【ジャズのススメ 35】

リー・コニッツのサックスの音色、時々無性に聞きたくなるんです。 彼の名盤ともいえる一作「Motion」も当然良いんですけど、 けだるい時や何かにぶつかっている時なんかに聴きたくなるのは、 名盤ではなく今回紹介するアルバム「Inside Hi-Fi」です。 Insid…

Horace Parlan / BLUE PARLAN【ジャズのススメ 34】

今ひとつ、というか、 私の周りではほとんど知ってる人がいないので寂しい限りなんですが、 ホレス・パーランです。 実は彼のアルバムで最初に聴いたのが「荒城の月」なんですよ。 そう、あの滝廉太郎が作曲したことで知られるあの名曲です。 ホレス・パーラ…

Thomas Ruckert Trio / Debut【ジャズのススメ 33】

ジャズピアニストのミッシェル・カミロを紹介しようと思ったんですけど、 たまたま先日友人からCDを紹介されたことを思い出して、 そのCDを買って聴いてみたんです。それがまあすこぶる良かった!! というわけでトーマス・ルカート・トリオのアルバムに変更…

STEPS / SMOKIN' IN THE PIT【ジャズのススメ 32】

このアルバムの詳細を話すと長くなります。 なので話しません(笑)。 この録音というのが日本でのライブであるということ、 スティーブ・ガッドのドラムスが超絶的にかっこいいということ、 ギタリストの渡辺香津美さんもちょこっと参加されていることなど…

Pat Martino / Live at Yoshi's【ジャズのススメ 31】

パット・マルティーノ良いですよね。 ジャズギタリストとしてはかなり有名どころだと思いますが、 実は彼の演奏を聞き始めたのは、ソニー・ロリンズがきっかけでした。 彼の作った「Oleo」という曲があるのですが、 このアルバムの最初に収録されているんで…

THE AL COHN - ZOOT SIMS QUINTET / YOU N ME【ジャズのススメ 30】

アル・コーンという覚えやすい名前と、 サキソフォンの鮮烈で尖った音色が印象に残ってます。 彼のアルバムはほとんど聞いてるんですが、 このズート・シムズとのコラボアルバムは本当に大好きです。 ユー・エン・ミー アーティスト: アル・コーン&ズート・…

DUKE PEARSON / TENDER FEELIN'S【ジャズのススメ 29】

前々回のジャズのススメ27で紹介したドナルド・バードの「FUEGO」。 このアルバムのことを書いた時に、 デューク・ピアソンのピアノが大好きなんですよね、って書きました。 じゃ書けよ、と思われた方もいらっしゃると思ったので書きます(笑)。 Tender Fee…

ART PEPPER / the art of pepper【ジャズのススメ 28】

通常だと、名前は大文字と小文字、 そしてアルバム名は大文字のみという書き方を意識しているんですが、 (例外も多数ありますがw) 今回こういう表記にしたのは、アルバムに則ってるだけです(笑)。 アート・ペッパー、大好きなんですけど、 周りに好きな…

Donald Byrd / FUEGO【ジャズのススメ 27】

ピアニストのデューク・ピアソンが好きなんです。 「TENDER FEELIN'S」というアルバムがすごく好きで、 いずれこのブログでもこのアルバムのことを書くと思うんですけど、 じゃあなんでデュークではなく、ドナルド・バードのこのアルバムなのかというと、 な…

Johnny Griffin / Way Out【ジャズのススメ 26】

このアルバム、私の周りではあまり知られてないみたいですね。 ジョニー・グリフィンは割と知ってる人多いんですけど、 このアルバムはスルーしてるんでしょうか(笑)。 ハードバップ(ジャズのジャンルのひとつ)でいうと、 このアルバムもかなりクオリテ…

Robert Glasper / In My Element【ジャズのススメ 25】

ロバート・グラスパーの演奏を生で聞いたんですよ。 そこからファンになってしまったんですけど。 「新世代のジャズ」なんていう人も多くいますけど、 ちゃんと古典的なジャズを自分なりに昇華した上できちんと自分の音楽を奏でている、 まさに今を代表する…

Helen Merrill / Helen Merrill with Clifford Brown【ジャズのススメ 24】

ヘレン・メリルの歌声、いいですよね。 このアルバムはジャズを聞き始めた頃からちょくちょく聴いてます。 クインシー・ジョーンズがアレンジで参加していることもそうですが、 個人的には、早世のトランペット奏者、 クリフォード・ブラウンの功績が大きい…

Sonny Clark / Cool Struttin'【ジャズのススメ 23】

超メジャーアルバムを紹介するのはあまり好きではありません。 このソニー・クラークのアルバムもジャズをかじったことがある人なら、 おおよその人はご存知であることは疑いようもないんですけど、 私の中でソニー・クラークという人を定義付けてくれた、 …

Jackie McLean / It's Time【ジャズのススメ 22】

ジャッキー・マクリーンのこのアルバム、 実は最初聴いたときはあまり好きじゃなかったんです。 このアルバムに参加しているハービー・ハンコックのピアノが、 彼のいつもの音色と少し違うような感じだったってのもあります。 で、このアルバムを押し入れの…

Wayne Shorter / JuJu 【ジャズのススメ 21】

ウェイン・ショーターの有名なアルバムです。 このアルバムタイトル「JUJU」から自らの名前を取ったのが、 今日本の音楽界で活躍されているJUJUさんであることはよく知られてます。 余談ですけど、昨年ブルーノート東京で行われた、 JUJUさんのジャズライブ…

Freddie Hubbard / Ready For Freddie 【ジャズのススメ 20】

フレディ・ハバードというジャズトランペッターのことを知ったのは、 今回紹介するアルバムではなく別のアルバムでした。 そのアルバム「Red Clay」も実は大好きなんですけど、 今回はこっちのアルバムにしました。 ドラムスのエルヴィン・ジョーンズが好き…