音楽つれづれ日記

ありとあらゆる音楽が好きな人。特にジャズが好き。たまにキツい毒をはいたりしますが根はいい奴です。

クラシック

現代音楽を聞く その68

ハンガリーの作曲家というと、バルトークやコダーイを想像する方も多いです。 ピアニストも多数輩出していて、音楽的側面の強い国でもあります。 アンタル・ドラティもまたハンガリーの誇る音楽家の一人です。 指揮でもその名を知られていますが、作品も数多…

現代音楽を聞く その66

スペインの作曲家、カルロス・スリナッチ。 舞踏音楽の分野では知らない人はいないとも言われますが、 本邦ではそれほど知られた作曲家ではないような気がします。 「リトモ・ホンド」や「シンフォニエッタ・フラメンカ」など、 思わず踊りたくなるような楽…

現代音楽を聞く その65

ケネス・フックスはアメリカの現代音楽作曲家です。 今も精力的に活動を続けています。 何のきっかけで彼の曲を聞き始めたのかは定かではないですが、 管弦楽、吹奏楽、あるいは室内楽の楽曲が主となっています。 学生時代に聞いたのか、もう少し大人になっ…

現代音楽を聞く その64

キャサリン・フーバーというアメリカの女性作曲家のことは、 留学していたころに作品に触れていました。 名フルーティストでもあった彼女は、 フルートにまつわる楽曲を数多く残しています。 もちろんそれ以外にも秀作はたくさんあるんですけどね・・・ 残念…

現代音楽を聞く その63

現代音楽を主に聞いていたのは学生時代という話は、 このブログでもかなりの回数書いてきているとは思いますが、 実は最近のもちゃんと聞いています。 アメリカの現代音楽の作曲家、ポール・モラヴェックの作品も、 10年くらい前に聞いて、その音に刺激を受…

フーガの技法

今年のはじめあたりからずっと、 慣れないフルオーケストラの譜面を書き続けていたこともあって、 フルオーケストラではない曲を聞きたくなりました。 フーガというのは、輪唱の高度なバージョンともいえる音楽技法です。 1つのメロディが提示されて、そのメ…

現代音楽を聞く その62

アンドレ・ブクレシュリエフといえばフランスの作曲家、 と思っていたのですが、どうやら生まれはブルガリアだったみたいです。 ずっとフランスの作曲家と勘違いしていました・・・ 彼の功績というとやはり書籍になるのでしょうか。 特に作曲家論に関する書…

現代音楽を聞く その61

ロシアの作曲家、アラム・ハチャトゥリアンはよく知られています。 「剣の舞」が最も有名なのでしょうね。 彼の若かりし頃に作った「ピアノ協奏曲」もお気に入りなので、 是非一度生で聞いてみたいところです。 ですが、今日はハチャトゥリアンじゃないんで…

Master Class

Christian De Luca: J.S. Bach's Italian Concerto | Juilliard Sir András Schiff Piano Master Class 古今東西、バッハ弾きと呼ばれる人は数多くいらっしゃいます。 アンドラーシュ・シフという稀代のピアニストもその一人。 彼の演奏するバッハを何度も生…

飾り付け

この楽譜は、楽聖ベートーヴェンのピアノ協奏曲第1番ハ長調Op.15、 その第一楽章の提示部の終結部近くのものです。 一番上の2段はピアノ、その下の4段は弦楽の楽譜、 5段目からはすべての楽器の全合奏部で、 上からフルート、オーボエ、クラリネット、ファゴ…

現代音楽を聞く その54

ノルウェーの作曲家と聞くと、 大半の方がグリーグの名前を挙げられると思います。 そのくらい有名ですし、 「ペールギュント」や「抒情小曲集」あるいは「ピアノ協奏曲」は、 音楽の教科書にも載っているくらいに有名です。 ハラール・セーヴェルというノル…

Incidental Music Vol.44

80年代初頭のお話です。 土曜の夜8時といえば、ドリフターズの「8時だョ!全員集合」でした。 練りに練られたコントと歌で構成された一時間はとっても面白かったんです。 そんな土曜8時にフジテレビが放送を開始したのが、 「オレたちひょうきん族」という…

現代音楽を聞く その47

Henryk Mikołaj Górecki - Totus Tuus 朝目覚めてふとこの曲が頭に舞い降りてきたので、 ポーランドの作曲家、ヘンリク・グレツキのことを書きます。 グレツキの合唱曲「Totus Tuus」。 意味としては「私のすべてをあなたに捧げます」という意味のラテン語で…

現代音楽を聞く その45 

メキシコの作曲家、マヌエル・ポンセ。 日本ではほとんどなじみのない作曲家の一人ですね。 彼の作品を日本で聞いたことはありません。 最初に彼の作品で聞いたのは「ピアノ協奏曲」だったと思うんですけど、 そのあとに聞いた「ギター協奏曲(南の協奏曲)…

転回

通勤時に音楽を聞きながら読書をしていることが多いんですけど、 今日、たまたまシャッフル再生していると、 ラフマニノフの「パガニーニの主題による狂詩曲」が流れてきました。 これは、序盤で流れてくる「テーマ」といわれる部分です。 この曲全体がこの…

現代音楽を聞く その41

アメリカのピアニストで作曲家のレオ・オーンスタインの作品で、 最初に聞いたのが「Morning in the woods(森の朝)」でした。 曲のそこここにフランスのにおいがするんですけどね。 Leo Ornstein - Morning in the woods そのあとで聞いたのが、 彼の作品…

Beethoven

Beethoven: Symphony No.5 【with commentary】 / Bernstein Wiener Philharmoniker (1977 Movie Live) その昔、私が小学校か中学校くらいだったと思います。 バーンスタインが解説するベートーヴェンの番組が放送されていました。 当時は英語なんてわからな…

Incidental Music Vol.31

12人の優しい日本人、という舞台があります。 原作、脚本は三谷幸喜さん。 コメディを書かせたらこの人の右に出る人はいないのでは、 といわれているかどうかは定かではありませんが、 数多くの舞台、TVドラマなどの脚本を手掛けられています。 元々は舞台で…

ベト7

この略称、本当は好きじゃないんですよ。 ベト7とかブラ1とか。 SNSで語るときは文字数を減らす意味合いもあって、 仕方なく使うことも往々にしてあるんですけど(笑) というわけでベト7です。 L.V.ベートーヴェンの交響曲第7番 イ長調 作品92 というの…

Sinfonia concertante

イタリア語です。 訳すと「協奏交響曲」という風になるんでしょうか。 仕事中にふと音楽が聴きたくなって、 iPhoneに入っている音楽をランダムに聞いていたところ、 流れてきたのがモーツァルトのKV364でした。 「協奏交響曲変ホ長調 KV364」ですね。 Mozart…

BACH: BRANDENBURG CONCERTO No.2 F-dur BWV1047

Bach Brandenburg Concerto 2, 1.movement トランペットが好きです。音出せませんけど(笑) 数多くのトランペット曲を聞いていますが、 好きなトランペット奏者というのがどうしても出てきます。 まんべんなくいろんな人の演奏を聴いている人なのですが、 …

ヴァーツラフ・ノイマン

ヴァーツラフ・ノイマンはチェコの指揮者です。 昨日、テレビを見ていてノイマンの指揮を久々に見たので、 ちょっと聞きたくなったんですよね。 Twitterでも書いたと思うんですが、 ノイマンといえば、私の中では「マーラーの指揮者」という印象が強いです。…

現代音楽を聞く その32

オーボエ奏者として世界的に知られているハインツ・ホリガー。 私も一度生でそのオーボエを聞いたことがありますが、 年齢を感じさせない艶やかな音色は素晴らしかったです。 で、そんなホリガーですが、 現代音楽の作曲家としてもよく知られています。 「ピ…

ダフニスとクロエ

フランスの作曲家、モーリス・ラヴェル。 彼の代表作、と聞かれると様々な曲があげられます。 「ボレロ」「スペイン狂詩曲」「ピアノ協奏曲」「マメールロワ」「古風なメヌエット」などなど。 私が最初に聞いたのは中学時代の音楽の授業で聞かされたボレロで…

ゴルトベルク

またバッハの話ですいません。 先日テレビで細田守監督の映画「時をかける少女」をやってました。 なんだかんだで、私はその放送見られなかったんですけど(笑)。 で、この映画のBGMとして効果的に使用されているのが、 J.S.バッハの「ゴルトベルク変奏曲」…

フランスへ

このブログを投稿しているころ(自動投稿設定してます)には、 すでに私は機上の人になっていると思いますが。 今週金曜までフランスへ行きます。 なので、ブログの更新が滞るかもしれません。 昨日(というか、ブログ書いてるの日曜なんですけど)、 Eテレで…

KV449

何の暗号だろうと思った方も多いと思いますが、 これ「ケッヘル番号」と呼ばれるものです。 その昔、ケッヘルという人が、 古典派の大作曲家であるモーツァルトの作品を時系列順に番号を振った、 と言われている番号のことを指します。 今回のKV449というの…

マリア・ジョアン・ピレシュ

人によっては「ピリス」と呼ぶ方もいらっしゃいますが、 私は海外にいた頃から「ピレシュ」と呼んでいるのでこれで通します。 6/10(日)の夜に「クラシック音楽館」を見てました。 N響ことNHK交響楽団の公演を中心にクラシック音楽を堪能できる、 私に…

Gloria

Gloria in excelsis Deo という文章で始まるのがグローリアと呼ばれるものです。 「栄光」とも訳されるこの言葉ですが、 音楽分野でも数多くの作曲家がミサ曲の一つとして、 または単独で音楽作品を作っています。 フランスの作曲家、プーランク。 彼もまた…

Gould

先週からのべ3日間、バッハの組曲を年代順に聞いてきました。 イギリス組曲、フランス組曲、そしてパルティータ。 イギリス組曲とパルティータについては、 全6曲を一日で鑑賞するにはちょっと分量多めでしたが(笑)。 大バッハの楽曲はもともと大好きです…