読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒロユキの音楽日記

ありとあらゆる音楽が好きな人。たまにキツい毒をはいたりしますが根はいい奴です。

DUKE PEARSON / TENDER FEELIN'S【ジャズのススメ 29】

前々回のジャズのススメ27で紹介したドナルド・バードの「FUEGO」。 このアルバムのことを書いた時に、 デューク・ピアソンのピアノが大好きなんですよね、って書きました。 じゃ書けよ、と思われた方もいらっしゃると思ったので書きます(笑)。 Tender Fee…

結婚式の二次会で

今から10年前のことです。 私の友人(男性)が結婚するということで地元へ帰省したんです。 もちろん友人の結婚ということで二次会、三次会・・・と、 行けるとこまで付き合ってやろうという気持でいました。 ここまで書いて音楽と全く関係ないこと書いてん…

SOUND LIKE

Google翻訳でこれを入れると「~のように聞こえる」という言葉で出てきました。LIKEが「~のように」、SOUNDは「聞こえる、聴く」ってことですかね。 Youtubeやニコニコ動画などのサイトで不正にUPされているサントラの音楽だったり、ゲームから引っこ抜いた…

公平さんと鷺巣さん

私が敬愛する日本の劇伴作曲家である田中公平さん。 その公平さんの公式ブログに、 同じく敬愛する作曲家である鷺巣詩郎さんとのツーショット写真がありました。 ちょっとうれしくなったので追加で投稿してみました。 詳しくはこちらへ 田中公平のブログ My …

ART PEPPER / the art of pepper【ジャズのススメ 28】

通常だと、名前は大文字と小文字、 そしてアルバム名は大文字のみという書き方を意識しているんですが、 (例外も多数ありますがw) 今回こういう表記にしたのは、アルバムに則ってるだけです(笑)。 アート・ペッパー、大好きなんですけど、 周りに好きな…

ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドの音楽のこと

※若干ネタバレ要素がありますのでご注意ください。 昨日、ようやく両機種でクリアをしました。 ゼルダの伝説Breath of the Wild(BotW)、 WiiU版、Switch版両方を順番にやったんですけど、 さすがに昔のように徹夜でゲームするほどの体力もなく、 ちまちま…

Donald Byrd / FUEGO【ジャズのススメ 27】

ピアニストのデューク・ピアソンが好きなんです。 「TENDER FEELIN'S」というアルバムがすごく好きで、 いずれこのブログでもこのアルバムのことを書くと思うんですけど、 じゃあなんでデュークではなく、ドナルド・バードのこのアルバムなのかというと、 な…

愛のある編曲、愛のない作曲

最近よくこういう言葉を聞きます。 「愛のあるホニャララ」というフレーズです。 その昔、私が編曲の仕事をしていた頃は、 自分自身はその曲に愛をもって接していたつもりでいたのですが、 今、その完成された曲を聴いてみると、 「ああ、これは作業編曲にな…

ジャミロクワイの新しいアルバムを聴く

「AUTOMATON(オートマトン)」というタイトルも意味深ですが、 私のような、初期の作品愛好家からすると、 ここ最近の彼の音楽性、というよりも、千変万化なサウンドに戸惑うこともあります。 嫌いじゃなくて好きなんですけどね。 どのアルバムも良いところ…

Johnny Griffin / Way Out【ジャズのススメ 26】

このアルバム、私の周りではあまり知られてないみたいですね。 ジョニー・グリフィンは割と知ってる人多いんですけど、 このアルバムはスルーしてるんでしょうか(笑)。 ハードバップ(ジャズのジャンルのひとつ)でいうと、 このアルバムもかなりクオリテ…

Robert Glasper / In My Element【ジャズのススメ 25】

ロバート・グラスパーの演奏を生で聞いたんですよ。 そこからファンになってしまったんですけど。 「新世代のジャズ」なんていう人も多くいますけど、 ちゃんと古典的なジャズを自分なりに昇華した上できちんと自分の音楽を奏でている、 まさに今を代表する…

サー・アンドラーシュ・シフ ピアノリサイタル(3/21@初台)

初めて彼の演奏を聴いたのは3年前、2014年のことです。 サントリーホールでのベートーヴェンのピアノ曲3曲演奏。 前半のピアノソナタ32番c-mollや6つのバガテルももちろん素晴らしかったですが、 後半に演奏された大曲「ディアベリの主題による33の変奏曲」…

GENESIS / Selling England By The Pound 【プログレ古今東西4】

「From Genesis to Revelation(創生期)」や「Trespass(侵入)」といった、 プログレバンドGENESISの、 文字通り創生期に発表されたこの2作のアルバムも傑作ではあるのですが、 私がGENESISでよく聞いているのはその後に発表された、 「Foxtrot」と今作「S…

音楽日記といいつつ、音楽と全く関係ない話

1週間ほどご無沙汰しております。 ヒロユキでございます。 えー、仕事が超多忙で、仕事が終わると某ニンテンドーのゲームをやってて、 ブログ書いたりSNS見たりする時間がありません(笑)。 定期的にオススメを紹介するブログも今月中旬までは厳しいかと思…

Helen Merrill / Helen Merrill with Clifford Brown【ジャズのススメ 24】

ヘレン・メリルの歌声、いいですよね。 このアルバムはジャズを聞き始めた頃からちょくちょく聴いてます。 クインシー・ジョーンズがアレンジで参加していることもそうですが、 個人的には、早世のトランペット奏者、 クリフォード・ブラウンの功績が大きい…

演歌とアレンジのお話

以前このブログで「アレンジのお話」と題して、 いろいろと書かせてもらいました。 実は今、1件編曲のお仕事をしています。 お仕事というよりも、古い友人の依頼というべきでしょうか。 もちろんちゃんとしたお仕事なので報酬はいただくことにしています。 …

Gravity Daze2を聞く

昨夜、通販で購入したCDが到着しました。 GRAVITY DAZE 2 オリジナルサウンドトラック アーティスト: 田中公平 出版社/メーカー: ティームエンタテインメント 発売日: 2017/02/22 メディア: CD この商品を含むブログを見る PlayStation4にて昨月発売されたゲ…

Mr.Sとの別れ

Mr.S、とその人は呼ばれていました。 昨年93歳を迎えられ、毎年のように日本へ来られて、 とても老齢とは思えぬ機敏な動きでオーケストラを指揮されていました。 私は彼の指揮で二回ほどブルックナーを聞かせて頂きました。 もともとそれほど聴き込んでいる…

Sonny Clark / Cool Struttin'【ジャズのススメ 23】

超メジャーアルバムを紹介するのはあまり好きではありません。 このソニー・クラークのアルバムもジャズをかじったことがある人なら、 おおよその人はご存知であることは疑いようもないんですけど、 私の中でソニー・クラークという人を定義付けてくれた、 …

「おかえり」を聞く

去年のことだったんですけど、 仕事場近くのコンビニで、ラジオっぽいのがかかってますよね? コンビニ独自で運営管理しているラジオだと思うんですけど、 ラジオの途中に宣伝などをはさみつつ、 その時に人気のある楽曲や注目作などを流してます。 そこでふ…

Jackie McLean / It's Time【ジャズのススメ 22】

ジャッキー・マクリーンのこのアルバム、 実は最初聴いたときはあまり好きじゃなかったんです。 このアルバムに参加しているハービー・ハンコックのピアノが、 彼のいつもの音色と少し違うような感じだったってのもあります。 で、このアルバムを押し入れの…

音楽の好みでヒトをはかること

このブログを書いている日の前日、出張から帰ってきました。 その帰りの飛行機で一緒に出張に行った人と音楽談義をしたんです。 私はクラシックやジャズから最先端まで音楽に関してはカバーしている人なので、 世代を問わず音楽談義出来ることが私の数少ない…

Wayne Shorter / JuJu 【ジャズのススメ 21】

ウェイン・ショーターの有名なアルバムです。 このアルバムタイトル「JUJU」から自らの名前を取ったのが、 今日本の音楽界で活躍されているJUJUさんであることはよく知られてます。 余談ですけど、昨年ブルーノート東京で行われた、 JUJUさんのジャズライブ…

フェリックス・メンデルスゾーン

の誕生日だそうです。2月3日。 真夏の夜の夢の「結婚行進曲」だったり、 昔、某たまごのCMでも冒頭部分が使われたヴァイオリン協奏曲など、 40歳に満たずして亡くなってしまった天才作曲家です。 誕生日に彼の曲を聞こうと思い、 あまり知られていない曲を聞…

Freddie Hubbard / Ready For Freddie 【ジャズのススメ 20】

フレディ・ハバードというジャズトランペッターのことを知ったのは、 今回紹介するアルバムではなく別のアルバムでした。 そのアルバム「Red Clay」も実は大好きなんですけど、 今回はこっちのアルバムにしました。 ドラムスのエルヴィン・ジョーンズが好き…

OPETH / Blackwater Park 【プログレ古今東西3】

さて、オーペスをプログレという括りで書いて良いものかどうか、 私には判然としない所があるのですが、 デスメタル好きな私としては彼らをあえてプログレとして紹介したいと思います。 ひねくれ者なもんで(笑)。 スウェーデンの暗黒神とも呼ばれているOpe…

おんがくのすゝめ

このブログでも継続して書いているシリーズ「ジャズのすすめ」。 私が大好きなジャズの中からこれはというものを選んで、 ダラダラと書いている記事なんですけど、これを書きながら思うわけです。 「音楽って十人十色だからなあ・・・」 SNSの投稿を見てても…

THEY OUGHTA WRITE A SONG / Harie Loren 【ジャズのススメ 19】

このアルバム、実は私が見つけたものではないんです。 同じジャズ好きの知人からすすめられたものです。 ジャズ・ヴォーカルものは敬遠がちなんですよ。 ここ最近出ているジャズ・ヴォーカルものってあまりピンとこなくて。 なんて書くと、いろんなファンか…

KANSAS / Leftoverture 【プログレ古今東西2】

Kansas好きなんですよ、昔から。 それこそプログレ聴き始めた頃から聴いてます。 中でも名盤とうたわれている「Leftoverture」(永遠の序曲)は、 今でもたまに聞きたくなるだけの魅力を備えてます。 LEFTOVERTURE アーティスト: KANSAS 出版社/メーカー: SO…

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」のサウンドトラックのお話

以前このブログで大河ドラマの音楽のことを書いたことがあります。 もともと大河ドラマ自体それほど好きではなかったはずなのですが、 歳とともにこういう時代物を好んで見るようになってしまいました。 悲しくはないんですけど、時の流れを痛切に感じます(…

Kenny Burrell / Midnight Blue 【ジャズのススメ 18】

表題曲である「Midnight Blue」が大好きなんです。 他の曲も好きではあるんですけどね。 ジャズギタリストであるケニー・バレルの奏でる音色は、 ジャズというよりもブルースという言葉の方がお似合いかもしれません。 私の大好きなアーティストの一人です。…

Focus / Hamburger Concert 【プログレ古今東西1】

プログレッシヴ・ロックのことを書いてみたいと思いました。 もともとジャズ好きは自認しているのですが、 ジャズの後にハマったのがクラシック音楽だったんですね。 そんな時にふと聞こえてきたのが、 ギターとハモンドによるブラームスの「ハイドンの主題…

2017年のご挨拶

あけましておめでとうございます。 こちらのブログでは新年一発目となります。 もう片方のブログはまだ今年に入ってアクセスすらしてませんが 笑 こちらでは割とホンネに近い形で書いているつもりです。 もう一方のブログがホンネではないわけじゃないんです…

Herbie Hancock / Maiden Voyage 【ジャズのススメ 17】

モードジャズといえばマイルス・デイヴィスなんでしょうけど、 私にとってのモードジャズはハンコックなんでしょうね。 「なんでしょうね」と言ったのは、自分でもよくわからないからです(笑) ハービー・ハンコックのアルバムの代表格のひとつとも言える、…

指揮者によって演奏ってそんな変わらないだろうと言われると全力で否定したい

ラノベのタイトルみたいですけど(笑)。 指揮なんてただ皆の前で手を振っているだけでしょ? という声をたまにいろんなところで見かけます。 オーケストラの前、指揮台の上に立って、 かっこよくタクト(指揮棒)を振る姿を見たことがある方も多いと思いま…

東混を日曜日に聞いてきたので合唱のことを書いてみる

東京混声合唱団のクリスマスコンサートに行ってきました。 とても良かったんですよ。 音楽監督である世界的にも有名な指揮者、山田和樹さんが指揮をされてたり、 福間洸太朗さんというプロのピアニストの方がピアノ伴奏をされたり、 とても豪華な顔ぶれです…

Ray Bryant / Alone At Montreux 【ジャズのススメ 16】

ジャズピアノソロプレイヤーといえば、 キース・ジャレットであったりチック・コリアであったり、 という方々を想像する方も多いと思います。 どちらかと言うと私はソロピアノでジャズを聴くことがあまりないんですよね。 ベース、ドラムスが加わった三人組…

逃げ恥の恋ダンスにハマりかける

新垣結衣さんと星野源さんが主演されている、 火曜日22時のTBS系で放送されているドラマ、 「逃げるは恥だが役に立つ」。今人気ですよね。 私はこの前の前に同じ時間帯でやっていたドラマ「重版出来!!」にハマって、 そのドラマはずっと見てたんですよ。 …

大河ドラマの音楽のお話

来年の大河ドラマ「おんな城主直虎」の劇中音楽を、 映画やドラマ、アニメ、ゲームなど様々なジャンルで活躍されている、 菅野よう子さんが担当されることが先日公式にアナウンスされました。 菅野よう子さんとの音楽との出会いは、 80年代の歴史シミュレー…

Sonny Rollins / Saxophone Colossus 【ジャズのススメ 15】

先月末あたりから仕事が立て込んでいて更新が遅れました。 おわびというわけではないんですが、 今回のアルバムは、私とジャズをつなげてくれた最初のアルバムにしました。 SAXOPHONE COLOSSUS アーティスト: Sonny Rollins,Max Roach,Doug Watkins,Tommy Fl…

リトミカ・オスティナータ

オスティナートという言葉があります。 あるメロディ(フレーズ)を何度も繰り返して演奏することを意味します。 と書くとミニマル・ミュージックを想像する人もいると思いますが、 ミニマル=「短いフレーズでしつこく繰り返す音楽」という意味では、 オステ…

「悲しくてやりきれない」のお話

オリジナルのフォーク・クルセダーズのバージョンは、 おとなになってから聴いた人です。 私が生まれるはるか昔の曲なので・・・(確か1968年発売) 昨日映画を見てきたんです。 巷で話題の「この世界の片隅に」です。 クラウドファウンディングで制作費を募…

Pharoah Sanders / AFRICA 【ジャズのススメ 14】

ファラオ・サンダースのアルバムで最初に聴いたのがこれでした。 Africa アーティスト: Pharoah Sanders 出版社/メーカー: Timeless Holland 発売日: 1995/12/01 メディア: CD クリック: 2回 この商品を含むブログ (1件) を見る その後に「Journy To The One…

アレンジのお話

今回は趣向を変えてみました。 アレンジ(編曲)のことをちょっと書いてみようと思います。 編曲を生業としている人のことを編曲家と呼びます。 提供された楽曲を整えるというのがそのお仕事なのですが、 たとえば、 イントロやアウトロを作る 曲に伴奏をつ…

Nat Adderley / Work Song 【ジャズのススメ 13】

ナット・アダレイのコルネットに魅了されたのは随分昔の話です。 私自身、金管楽器が演奏できないということもありますが、 特にコルネットやトランペットに憧れに近いものを感じてました。 あれだけ器用に演奏できると気持ちいいんだろうな、と。 Work Song…

Jimmy Scott / Holding Back The Years 【ジャズのススメ 12】

リトルジミーの歌声ってメロウさを感じさせます。 少しハスキーでそれで高音の伸びが心地よい、 そんな歌声で名曲の数々を歌われると、そりゃ良いに決まってます。 そんなジミー・スコットの声を最初にきいたのは、このアルバムからでした。 Holding Back th…

付加価値と転売、を音楽面から考えてみる

SNSやブログなどでアーティスト自らが告知をして、 無料ライブだったりインストアライブだったりをすることがあります。 アルバムの購入特典のひとつだったりすることもあるのですが、 基本的には行きたい人が気軽に見に行くことが出来るライブですよね。 で…

Ceder Walton / Eastern Rebellion 【ジャズのススメ 11】

シダー・ウォルトンは時々無性に聞きたくなります。 アルバムだとこの「Eastern Rebellion」は名盤ですね。 Eastern Rebellion アーティスト: Cedar Walton 出版社/メーカー: Timeless Holland 発売日: 2000/01/01 メディア: CD この商品を含むブログ (1件) …

Horace Silver / Blowin the Blues Away 【ジャズのススメ 10】

ホレス・シルバーのピアノ大好きです。 一昨年に亡くなられたんですが、やはり唯一無二な御仁でしたね。 「Song for My Father」もとてもおすすめなんですけど、 今回はこちらを。 Blowin the Blues Away アーティスト: Horace Silver 出版社/メーカー: Blue…

Eddie Higgins / Bewitched 【ジャズのススメ 9】

エディ・ヒギンズ・トリオです。 大好きなピアニストのひとりでもあるエディ。 「懐かしのストックホルム」というセレクションアルバムの方が、 名曲が数多くあって聴きやすいとは思うんですけど、 この「Bewitched(邦題:魅惑のとりこ)」をおすすめしてお…