ヒロユキの音楽日記

ありとあらゆる音楽が好きな人。たまにキツい毒をはいたりしますが根はいい奴です。

ゲームの音楽とオーケストラの親和性について

最近SNSを見てて思うところを書いてみようと思います。

 

ゲームの音楽の演奏会が本当にたくさん出てくるようになりました。

私はそのほとんどに行ってないんですが(笑)、

興味がわくものについては重い腰を上げるようにしています。

興味がわいても、その演奏会で「内輪感」を感じるものは行きません。

 

残念ながら、これまで数多くのゲームの音楽の演奏会に行って、

アレンジが秀逸だな、と思ったことはほとんどありません。

音楽の専門的な知識を有していようとなかろうと、

こればっかりは私のセンスに起因するところなのでどうしようもないことです。

アレンジが下手というわけじゃないんです。ただ、気に食わない(笑)。

 

そしてその演奏会の大半がオーケストラやブラスバンドなど、

割りと大きめな編成での演奏というのが主流となっているようです。

 

 

ここではたと考えました。

なんでゲームの音楽の演奏会って、

クラシック音楽の演奏会と似たような編成なんだろう、と。

 

いわゆるゲーム内で流れる音を「原曲」とします。

この原曲に思い入れが強い方々のことを俗に「原曲厨」と呼ぶのだそうです。

ゲームの音楽が好きな人たちというのは、こうした原曲厨が結構多いのだそうです。

リズムや調性などが原曲と違っていることに快しとしない人ってことですね。

つまりは、原曲に忠実に演奏することが求められることが多いジャンルともいえます。

 

かたやクラシック音楽を考えてみましょう。

重度なクラオタでもない限りはそれほど気にしないんでしょうけど、

クラシックも楽譜の記載を忠実に奏することが求められやすいジャンルです。

指揮者やオケによって音色が変わることがあっても、

楽譜が絶対的な権力を有していることに変わりはありません。

 

そうなんです。

オーケストラという媒体は、こうした「忠実に演奏する」ことに長けているわけです。

ジャズなどのような即興演奏が入り込む余地があまり見込めません。

ゲームの音楽もクラシックも、いかに原曲に寄せて演奏するかを問われます。

 

だからなのかもしれませんけど、

ゲームの音楽を演奏する方々の多くはクラシックにも造詣が深い方が多いですし、

その逆も又然り、といえます。(当社比)

 

私はどちらかと言うとアドリブなどの即興演奏が好きですし、

アレンジが大胆に施されているものをより好む傾向が強いのですが、

だからといってもクラシックもゲームの音楽も嫌いではありません。むしろ好きです。

でも、一度ジャズテイストの強いゲーム演奏ってのもピアノ一本でやっていいんじゃないか、って思うことがあります。

私が演奏しても良いんですけど、もっと上手い人がいるのでそちらに任せます(笑)。

 

 

※今回の文章はふとした思いつきで書いていますので、

いろいろと思うところはあると思いますが、酔っぱらいの世迷い言程度に思ってもらえるとありがたいです。

ガーシュウィンのピアノコンチェルト

ロックライブだったりクラシックのコンサートだったり、

いろいろと生演奏を堪能しまくっている私ですが、

実はまだガーシュウィンのピアノ協奏曲を生で聞いたことがありません。

 

アメリカの作曲家、ジョージ・ガーシュウィン

ラプソディ・イン・ブルー、パリのアメリカ人など、

今でも幅広く演奏される機会の多い演目はよく知られているのですが、

このピアノ協奏曲ってあまり演奏されていない印象です。

 

このピアノ協奏曲もそうですし、ラプソディ・イン・ブルーもですけど、

ガーシュインが若い頃、20代で作曲したものです。

オーケストレーションも荒削りな印象ですが、魅力に溢れた名曲だと思います。

 


George Gershwin Piano Concerto in F major Wang Yuja - HD

 

ピアノとオーケストラのためのコンチェルトなのですが、

聴く限りはシンフォニック・ジャズといったおもむきの音楽です。

アメリカ音楽大好きな私には魅力しか見当たりません(笑)。

全部聞きどころですが、二楽章、最終楽章はかなりヤバイです。

 

 

ちなみにこの曲、日本が誇る指揮者のお一人である小澤征爾さんも指揮されてます。

盲目のピアニスト、マーカス・ロバーツのトリオをオケに招いて、

かなりジャズ調にシフトしたアレンジが施されたピアノ協奏曲となってますが、

こちらもかなり良いです。音源が無いのでCDだけ紹介しときます。

 

ガーシュウィン:ピアノ協奏曲 ヘ調

ガーシュウィン:ピアノ協奏曲 ヘ調

 

 

Dead End in Tokyo European Edition

マンウィズ(Man with a Mission)の楽曲はずっと聴いてます。

ライブにも2回ほど行きました。

 

今回、Dead End in Tokyoというシングルは購入してたんですよ。

んで、配信で同シングルのEuropean Editionというのが出たんですね。

私も配信版購入しました。

というかGoogle Play Musicなんで月額定額なんですけど(笑)。

 

いやぁ、相変わらずかっこいいですよね。

このEuropean Editionってタイアップ曲が多めなので、

テレビとか映画、アニメ好きな人にも吸引力のあるラインナップですし。

マンウィズあまり聞いたことが無い人にもうってつけです。

 

彼らのサウンドに何故こうも魅了されるんだろう、と自問自答してるんですけど、

未だに答が分かりません。かっこいいから、ってだけじゃないんでしょうね。

洗練されたかっこよさもありつつ、泥臭いところもあって、

見た目でキワモノバンドみたいな風に思って聴くと、

見事に足元をすくわれてしまうくらいにいい曲が多いんですよ。

 

ロック好きならぜひ聞いて欲しいです。

Horace Parlan / BLUE PARLAN【ジャズのススメ 34】

今ひとつ、というか、

私の周りではほとんど知ってる人がいないので寂しい限りなんですが、

ホレス・パーランです。

 

実は彼のアルバムで最初に聴いたのが「荒城の月」なんですよ。

そう、あの滝廉太郎が作曲したことで知られるあの名曲です。

ホレス・パーラン・トリオでジャジーになった荒城の月、

なかなか渋くてかっこよいしあがりになってるのでそちらもオススメです。

が、今回はこのアルバム「BLUE PARLAN」にしました。

たぶん彼のアルバムで一番聴き込んでると思います。

 

Blue Parlan

Blue Parlan

 

 

アルバム全曲通しての印象は、彼のピアノが透明感高いってことですかね。

脂っこい食事の後に飲むほうじ茶のようなさっぱり感、とでも言いますか。

表現難しいんですけど、とても統制の取れたアルバムの一つだと思います。

 


Horace Parlan Trio - Cynthia's Dance

約束はいらない

今から20年ほど前に放送されていたアニメ「天空のエスカフローネ」。

その主題歌としてリリースされたのが「約束はいらない」という曲でした。

 

それ以前から作曲家菅野よう子さんのことは知ってました。

ゲームメーカーの光栄(現コーエーテクモゲームス)から発売されていた、

歴史もののゲームで数多くの音楽を手掛けてた頃からなので、

かなりの長い期間、彼女の音楽を聞いていることになります。

 

アニメ作品「ぼくの地球を守って」(通称、ぼく地球)で、

菅野さんの元旦那様でもあった溝口肇さんが音楽を全編手掛けてたんですけど、

エンディングテーマ「時の記憶」の作編曲を菅野さんが担当されて、

まあそれが恐ろしいくらいにすごい曲だったことを今事のように思い出します。

どのようにすごい曲なのかは話が長くなるので割愛しますけど(笑)。

 

というか、菅野さんの話をすると一昼夜では足りないくらいの話になるので、

また機会があればそのへんの話もここでやれたら良いなと思いますが。

 

話を戻します。

ぼく地球の「時の記憶」の記憶も新しい

(といってもそこから3年ほど経ってますけどw)

1996年に放送されたのが前述の「天空のエスカフローネ」という作品です。

リアルタイムで放送もずっと見ていたんですけど、

そのOP主題歌である「約束はいらない」という曲に、

私の心は大きく動かされることになりました。

俗に「菅野節」とも言われる音が随所に登場し、

その独特な曲の雰囲気と坂本真綾さんの透き通る歌声に魅了されたんです。

余談ですけど、坂本真綾さんはこれ以前からも子役として活躍されていたわけですが、

この作品での歌唱がきっかけで歌手活動を本格的にはじめることになります。

菅野・坂本の伝説の黄金コンビがここからはじまるんです。

 

原曲も当然大好きですけど、

ライブで歌われているバージョンも本当に好きです。

といっても私は2回ほどしかライブに参加したことがないんですが(笑)。

一度目は真綾さんの15周年記念の武道館ライブ「Gift」、

そしてその5年後にさいたまスーパーアリーナで行われた「Follow Me」。

この2つのライブに参加させてもらいました。

真綾さんの歌声は大好きなんですが、ファンといえるほど精通しているわけでもなく、

コアなファンも多いことで知られていることもあり、

ライブに行くことについてはずっと二の足を踏んでいたんですが、

15周年の武道館でのライブは、やはり記念となるものなので行ってみようと。

そこでまさか号泣するとは思いませんでしたが(笑)。

私が未だに聴いている大好きな「約束はいらない」のバージョンが、

この武道館ライブで披露された「0331medley」といわれる楽曲です。

真綾さんの誕生日である3月31日に開催されたという意味でのメドレーなのですが、

このメドレー、菅野よう子さんの伴奏のみによる歌唱なんですよ。

 

約束はいらないのサビのフレーズのピアノソロから始まって、

指輪、Active Heart、夜明けのオクターブ、tune the rainbowなどの、

黄金コンビによる名曲メドレーを菅野さんのピアノで堪能したわけです。

ピアノの音色が始まってしばらくして菅野さんにスポットライトがあたると、

客席から歓声がわき上がったのを昨日のことのように思い出します。

そのラストを飾ったのが、約束はいらないでした。

メドレーだったので、サビの部分を3回繰り返すというものだったのですが、

その3回ともにピアノ伴奏の細かいところを変えるという、

菅野さんらしい味付けを加えたその「約束はいらない」で、

私はもう涙が止まりませんでした。

生でこの演奏を聞けたという喜びもそうなのですが、

ああ、私はこの曲が大好きなのだな、と実感することができた演奏でもありました。

 


DVD「坂本真綾 LIVE 15周年記念 LIVE "Gift"at 日本武道館ダイジェスト

 

このダイジェスト動画は公式であげられているものです。

この後半に、件の曲「0331medley」がちょこっとだけ出てきます。

トライアングラーの出だしだけ歌って、そのまま約束はいらないのサビへ。

このあたりのピアノ伴奏の展開の仕方も素晴らしいのひとことです。

どの辺がすごいのか、という話は専門的になりますので割愛しますが、

とにかくすごいんです!!(笑)

 

そしてその五年後、さいたまスーパーアリーナにて行われたライブでも、

この「約束はいらない」が歌われます。

 

20th Anniversary Medleyと題して、

菅野よう子さんのピアノソロのみでメドレーが奏でられます。

その中に真綾さんが作詞作曲をされた「everywhere」が入ってて、

その時点でもう涙腺崩壊しそうになったんですが、

そのメドレーの最後で菅野さんがスクリーンに大写しになって、

約束はいらないを演奏し始めたんです。

そして「うたえる?」と画面越しに客席へ問いかけるわけです。

(マイク入ってなかったので読唇術で客席には伝わった感じでしたw)

 


坂本真綾20周年記念LIVE“FOLLOW ME”atさいたまスーパーアリーナ Blu-ray&DVDダイジェスト映像

 

ちょうどこの公式のダイジェスト動画では、

その「約束はいらない」を客席と一緒に歌っているところが収録されてます。

私も泣きながら歌った事を覚えてます。

このあと、真綾さんやバンドメンバーも登場して、

菅野さんのピアノ伴奏も加わって「約束はいらない」を披露するのですが、

それは公式で発売されているライブ映像で見てください。必見ですから。

客席の皆で歌ったバージョンもとても素晴らしかったですが、

この後のご本人登場からの演奏もとてもすごかったです。

 

余談ですけど、

15周年の時にはかなりステージから遠いところで見たんですが、

20周年のときはアリーナ席でした。それでも少し遠めでしたが(笑)

ライブってホントいいもんですね。また行きたいです。

 

 

ここまで書いておいてなんですが、

出来ればまずは原曲のバージョンを聴いていただくことを強くオススメします。

菅野さんのセンスと真綾さんの歌声がコラボした、奇跡の曲のひとつです。

演奏無事に終了

以前このブログでも書きましたけど、

日付で言えば昨日(6月18日)に友人の披露宴にスタッフとして出席しました。

音響スタッフでもあったんですが、

演奏することになっていたので、そのときはちゃんと正装に着替えました。

 

はい、演奏しましたよ。

緊張もしましたけど、周りが知り合いばかりだったこともあって、

多少のミスも許してくれるような空気感がありました。

おかげさまで楽しくピアノ演奏することができたかなと。

ドビュッシーという友人からの無茶振りでしたが、

何とか人前で聞かせられるくらいにまではできたかなと自負しております(笑)。

 

その後披露宴終了後にまだ新郎と新婦が着替えて残っていたので、

新郎が好きなゲームの曲を1曲だけ即興演奏しました。

新郎が「おおおおお」と叫びながらピアノに近づいてきて、

演奏しているにも関わらず、バンバンと背中を叩いてきたのは辟易としましたが(笑)。

喜んでもらえて良かったです。

 

人前で演奏するのは音大生の頃が最後だと思うので、

かなり久々でしたけど、やっぱり楽しいですね。

さすがにこれから先にこういう機会はほとんどないとは思いますけど。

 

楽しかった~!

 

エドヴァルド・グリーグ

本日6月15日が誕生日なのだそうです。

 

小中学生の頃、音楽の授業で音楽鑑賞の時間があり、

そこでも彼の作品は多く紹介されていたように思います。

代表作というと「ペール・ギュント」や「ピアノ協奏曲イ短調」など、

誰でも一度は聴いたことがあるのでは、という曲が紹介されがちですが、

私が最初に思いつくのは「抒情小曲集」というピアノ曲集ですね。

全部で10集まであるこの作品群ですが、

最も有名な5集を紹介したいと思ったんです。思ったんですけどね。

生来のヒネクレモノなので、あえて違うところから(笑)。

 

先日亡くなったハンガリーの指揮者であり名ピアニストでもあった、

コチシュ・ゾルターンの演奏で抒情小曲集第3集を。


Zoltán Kocsis plays Grieg Lyric Pieces Op.43

 

この曲はあれやこれやと知識を詰め込んで聴くよりも、

ただ音の流れに身を任せて聴くほうが合っているような気がします。

なので解説はなしです(決してめんどくさいからではありませんw)